重量3,500トンのモノパイルを取り扱うスプレッダーバー

重量3,500トンのモノパイルを取り扱うスプレッダーバー 洋上風力発電
スポンサーリンク

重量3,500トンのモノパイルを取り扱うスプレッダーバー

Huismanのプレスリリース【2023年6月12日】

Huisman to equip Jan De Nul’s Voltaire and Les Alizes with 3,500mt Monopile Spreader Bar

(Huisman、Jan De NulのVoltaireとLes Alizesに3,500トンのモノパイルスプレッダーバーを装備)

https://www.huismanequipment.com/en/media_centre/press_releases/163-193_Huisman-to-equip-Jan-De-Nul-s-Voltaire-and-Les-Alizes-with-3-500mt-Monopile-Spreader-Bar

 2023年6月12日発表のプレスリリースでHuismanは、Jan De Nul のクレーン船2隻にモノパイル吊り上げ用のスプレッダーバーを納入する契約を締結したと発表。納入するモノパイルスプレッダーバーの使用荷重は3,500トン。そして、巨大なスプレッダーバーを配備するのは、Jan De Nul が所有する3,200トン吊りSEP起重機船「Voltaire」と5,000トン吊りクレーン船「Les Alizés」の2隻。

 2隻の大型クレーン船は中国の造船所で建造され、SEP起重機船「Voltaire」は2022年12月、クレーン船「Les Alizés」は2023年1月に完成・引き渡しが行われている。どちらも完成して間もない新造船で、これから初作業に臨むという段階。

 SEP起重機船「Voltaire」の初作業は、イングランドの沖合で建設されている「Dogger Bank Wind Farm」でGE製の風力タービンHaliade-X設置を行う予定。なので、すぐにスプレッダーバーを使用するという予定ではありませんが、もう1隻の「Les Alizés」はドイツの洋上風力発電所「Gode Wind 3」と「Borkum Riffgrund 3」でモノパイル及び洋上変電所の設置が予定されている。スプレッダーバーの納入時期は不明ですが、完成すれば「Les Alizés」の方に優先して配備される可能性が高そう。

スポンサーリンク

スプレッダーバーの効果

次世代洋上風車設置船「Les Alizés」初作業へ向け準備
ポーランドのグダニスクで輸送台船からモノパイルを吊り取る「Les Alizés」
出典:Jan De Nul

 スプレッダーバーを使用する意図にはいくつかの理由がありますが、吊具が滑らないように鉛直方向に吊り上げるためというのが、その理由のひとつ。洋上風力向けの設置船でモノパイルの吊り上げを行う場合、打設時に貫入抵抗となる吊りピースを取り付けていないため、モノパイル本体に吊具を大回しする方法で玉掛けが行われます。1フックでこのような吊り方をすると、吊具が中心に向かって滑る力が作用するので非常に危ない。この現象の対策として平面的にフックから吊具を広げた(Spread)状態で吊り上げ出来るようにするための治具がスプレッダーバー。

 ただし、非常に重たいモノパイルで使用するスプレッダーバーには圧縮する方向に大きな力が作用するため、スプレッダーバーとフックとの距離を離す必要がある。実際に最近、5,000トン吊りクレーン船「Les Alizés」がポーランドのグダニスクで実施したモノパイル積み込み作業では、巨大なクレーンにもかかわらず揚程に余裕が無いことが分かる。

モノパイルを吊り取る「Les Alizés」
出典:Jan De Nul
Huisman製のモノパイルスプレッダーバー
出典:Huisman

 Huisman製のモノパイルスプレッダーバーでは、3,500トンのモノパイル取り扱いに対してもフックとスプレッダーバーの距離を短くすることが可能。さらに自動スリングハンドリング(automated sling handling)という機能を備え、スプレッダーバーに搭載されているバッテリーパックにより遠隔制御で動作するという。

 自動スリングハンドリングという機能の詳細が気になりますが、掲載記事では説明されていませんでした。動画で動きを紹介するようなものがあれば非常に理解し易そう。今はありませんけどね。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました