長さ200m、最大2,000トン吊りゴライアスクレーン組立

長さ200m、最大2,000トン吊りゴライアスクレーン組立 建設機械・機器
スポンサーリンク

長さ200m、最大2,000トン吊りゴライアスクレーン組立

中国の江蘇省 南通市にある恵生(南通)重工有限公司で2,000トン吊りゴライアスクレーンの組み立てがおこなわれており、長さ200mのガーダーと呼ばれる梁部材の吊り上げが開始されました。

ガーダー上には2つのトロリーが搭載されており、トロリー1基当たりの吊り上げ能力は500トン吊りフック2基で1,000トン。最大2,000トンの吊り上げ能力があるという。

スポンサーリンク

造船所全体の拡張工事を実施

恵生(南通)重工有限公司の南通基地では、2,000トンのゴライアスクレーン設置以外にも造船所全体の拡張工事を実施。主要な拡張プロジェクトは以下の4つ。

拡張プロジェクトの内容
  • 2,000トン吊りゴライアスクレーン設置
  • ドック拡張 長さ290m → 370m
  • 塗装施設増設
  • SPBタンク製造施設増設

拡張プロジェクトに含まれているSPBタンク製造施設のSPBタンクとは、Self supporting Prismatic Shape IMO type Bと呼ばれる国際海事機関(IMO)の定める液化ガス運搬船に関する国際規則における「タイプB」貨物タンクの要求を満足する自立角型方式タンクのことで、日本企業のIHIが開発したそうです。

拡張プロジェクトのうちゴライアスクレーン設置とドック拡張は2023年11月末までに完了する予定。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました