☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

「浮体式洋上風力+養殖漁業」、重量4,900トンの浮体進水

「浮体式洋上風力+養殖漁業」、重量4,900トンの浮体進水 洋上風力発電
スポンサーリンク

「浮体式洋上風力+養殖漁業」、重量4,900トンの浮体進水

2023年9月8日、中国で浮体式洋上風力と養殖漁業を組み合わせたプラットフォームの建造が進み、浮体部分の進水がおこなわれました。開発・建造をおこなうのは、国家能源集団に属する龍源電力集団(China Longyuan Power Group)。

以前にも中国のタービンメーカー明陽智能が「洋上風力+養殖漁業」の建造を進めていましたが、風力タービンの基礎は着床式のジャケットタイプ。今回は、浮体式の基礎部分に養殖漁業用のネットゲージを備えている。

浮体基礎は重量4,900トン

完成イメージ
出典:龙源电力集团股份有限公司

「国能共享号」と名付けられた浮体式洋上風車の浮体部分は、1辺約70mの三角形で高さは24m。設計喫水は14m、総重量4,900トン。浮体中央部に正六角形の形状をした養殖エリアがあり、飼育水域は約10,000m3。浮体基礎の上には、出力4MWの風力タービンに加えて太陽光発電モジュールも搭載されるという。

完成後は、福建省南日島にある国立海洋牧場デモンストレーションエリアの水深約35mという海域に設置される予定。

スポンサーリンク

設計段階で中国船級社のAIP取得

2023年3月、龍源電力集団はグループの技術プロジェクト「浮体式洋上風力発電の主要技術研究開発とエンジニアリング実証」に基づいて開発した浮体式風力発電統合プラットフォームの設計について、中国船級協会のAIP(Approval in Principle)を取得している。

基本設計承認(AIP)とは?

 基本設計承認(AIP、Approval in Principle)とは、設計初期の段階で、国際条約や船級規則など既存の規制に基づき、設計を審査し、要件への適合の証明として発行する。後工程における規制面の手戻りの防止や、船級登録時の審査時間の短縮に繋がるとともに、設計状況の対外的なアピールの技術的根拠として活用することが可能。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました