中国の沈没船「長江口二号」引揚げ台船が完成、引揚想定重量1万トン

中国の沈没船「長江口二号」引揚げ台船が完成、引揚想定重量1万トン宇宙、自然、歴史

 2022年5月に中国の招商局重工(CMHI)で進水された沈没船「長江口二号」引き揚げ台船「奋力」(Fen Li)が完成し、上海サルベージへの引き渡しが行われた。

「長江口二号」引き揚げプロジェクトについての記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク

沈没船引き揚げ台船「奋力」(Fen Li)

 沈没船引き揚げ台船「奋力」(Fen Li)は、「長江口二号」を引き揚げる目的で上海市文化観光局と上海サルベージにより設計。

沈没船引き揚げ台船「奋力」(Fen Li)

 特徴として、船体中央部に長さ56m、幅20mの開口部があり、両側に「長江口二号」を引き揚げるための同期吊り上げ装置を搭載している。この台船1隻で吊り上げ、輸送、荷下ろしという3つの作業を行う事が出来る。吊上げ時の想定荷重は10,000トン

船名奋力(Fen Li)
長さ130m
34m
深さ9m
中央開口部56m×20m
建造年2022年
所有会社Shanghai Salvage
(上海サルベージ)

「長江口二号」引き揚げプロジェクト

 2022年3月から「長江口二号」引き揚げ作業は開始されていて、2022年内での引き揚げ完了を目指している。

 最終的な「奋力」による引き揚げ作業も興味深いですが、それより前作業で行う22本の巨大な半円形の鋼製梁で「長江口二号」を包み込む作業が気になります。水中作業なので見えませんが。

事前処理作業は完了

 7月6日に「長江口二号」引き揚げの主力として作業している2,500トン吊りクレーン船「大力号」(Da Li Hao)での事前処理が完了。

これまでの回収品
船の舵(かじ)部分
友蘭秘製の紫砂壺
4爪の鉄アンカー
今後の予定

 今後、8月中旬から下旬にクレーン船「大力号」(Da Li Hao)が再度「長江口二号」引き揚げ場所に戻り、引き揚げに向けた作業を行う予定らしい。新型コロナウイルスや台風などで遅延する可能性はありそうです。

 最終的に引き揚げ台船「奋力」(Fen Li)で引き揚げられた「長江口二号」は、近くにある上海造船所のドックに降ろされる予定。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
宇宙、自然、歴史
スポンサーリンク
Crane1000
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。

タイトルとURLをコピーしました