SEPLAという先駆的な設計の係留アンカー設置方法

SEPLAという先駆的な設計の係留アンカー設置方法浮体式

 発想というかアイデアが斬新な係留アンカーの設置方法。

 設置する地盤によっては設置できない場所もありますが、設置できる場所であれば多くのメリットがあり、インパクトの強い商品になりそうな気がしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SEPLA

 「SEPLA」とは、イギリスに本社を置くActeon Groupが特許を取得しているサクションパイルとプレートアンカーを組み合わせたアンカー設置方法。どちらも単体ではそこまで目新しいものではありませんが組み合わせることで非常に効果的なものに変化している感じ。

 Acteon Groupのウェブページでも ”A PATENTED INNOVATION” (特許取得済みのイノベーション)という書き出しで製品紹介されてます。

A PATENTED INNOVATION, THE SEPLA (SUCTION EMBEDDED PLATE ANCHORS) IS THE UNIQUE COMBINATION OF TWO PROVEN ANCHORING CONCEPTS – SUCTION PILES AND PLATE ANCHORS.

(特許取得済みのイノベーションであるSEPLA(サクション埋め込みプレートアンカー)は、2つの実証済みのアンカーコンセプト(サクションパイルとプレートアンカー)の独自の組み合わせです。)

Anchor & SEPLA fabrication & installation – Acteon
イノベーションとは?

イノベーション(innovation)とは、モノや仕組み、サービス、組織、ビジネスモデルなどに新たな考え方や技術を取り入れて新たな価値を生み出し、社会にインパクトのある革新や刷新、変革をもたらすことを意味する。

SEPLA設置方法

出典:Youtube | Acteon Group

 SEPLA とは、Suction Embedded Plate Anchor という意味だそうです。翻訳すると”吸引埋込プレートアンカー”。

SEPLA設置方法
  1. 先端にプレートアンカーを取り付けたサクションパイルを設置する海底地盤に吊り下ろす
  2. サクションパイル内の海水を排水して所定の深度まで貫入する
  3. 先端のプレートアンカーを残してサクションパイルを引き抜いて設置完了

 プレートアンカーに繋がるチェーンの尻手は、吊り下げ時にサクションパイル天端に脱落防止用の鋼材と一緒に載せてます。これも効率的でいいアイデア。

 サクションパイルは回収するので繰り返して使用可能。

陸上で係留設備を地中に埋め込む方法

 陸上でも係留設備が無い場所に係留設備を設置する方法として、コンクリート製の方塊ブロックや鋼材を埋め込むものがあります。地盤を掘削出来ない場所では、反力にする物自体が大きくなり、効率的とは言えませんが、地盤を掘削できる場所であれば、鋼材と敷鉄板を組み合わせれば少ない鋼材量で絶大な反力を得る事が出来ます。

 ただし、同じことを海の底でやるとなると話が変わってきます。

 アンカーを埋め込むことにより、少ない鋼材量で大きな把駐力を得ることが出来きる。ですが、海中で行うと掘削、埋め戻しの時に濁りが出てしまう。海底の地質によっては粘性が低い地盤だと所定の深度まで到達するのに広範囲を掘削しなければならないし、潮流などで勝手に埋め戻ってしまう可能性もある。

SEPLAのメリット
SEPLAのメリット
  • 材料のコスト削減
  • 施工時に発生する濁度低減
  • 設置位置が固定され精密配置が可能

 ”設置位置が固定され精密配置が可能”というのは、通常のアンカーを設置した場合だとどうしてもアンカーの爪が海底地盤を掻くまで動いてしまいますが、サクションパイルで海底に埋め込むのでアンカー位置が動かないということ。

SEPLAのデメリット

 まず、設置できる場所が限定される。サクションパイルでの貫入が可能な場所でしか使用できない。これはデメリットではないかもしれませんが、使用が限定されるのでマイナスポイントですね。

 次に、撤去はどうするの?という問題。通常のアンカーであれば回収は容易ですが、埋め込まれたアンカーを回収するには地盤を掘削するしかないかも。埋め殺し前提で設置するしかないですね。

【動画】SEPLA設置概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
浮体式洋上風力発電新技術・工法
スポンサーリンク
Crane1000
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。

タイトルとURLをコピーしました