☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

中国で大規模固定式洋上太陽光発電プロジェクトが着工

中国で大規模固定式洋上太陽光発電プロジェクトが着工 太陽光発電
スポンサーリンク

中国で大規模固定式洋上太陽光発電プロジェクトが着工

2023年12月26日、中国初の大規模固定式洋上太陽光発電プロジェクトとなる「中国広核集団煙台招遠400MW洋上太陽光発電プロジェクト」の建設が開始されました。

建設がおこなわれるのは、山東省烟台市にある莱州湾の海域。設置が計画されている総面積は6.44km2という広さで、水深は8.5m~11m。そして、総発電出力は驚異の400MW。山東省で建設が計画されている最初の10の洋上太陽光発電プロジェクトサイトの中で最も水深が深いことから建設難易度が高く、開発条件が最も複雑なサイトだという。このプロジェクトで形成される設計や建設基準などは今後、中国国内で計画されている洋上太陽光発電事業の基準となることから非常に重要なプロジェクトとして位置付けられているようです。

固定式とは言え洋上太陽光発電で400MWというのは桁違いな規模。日本の陸上に設置されている太陽光発電で、いわゆるメガソーラーと呼ばれている中で最大のものを調べてみると、岡山県に設置されている「作東メガソーラー発電所」の257.7MWが最大でした。日本国内で陸上最大の太陽光発電所よりも1.5倍以上大きな太陽光発電所を中国では海上に建設しようとしている。

名称作東メガソーラー発電所
所在地岡山県美作市
発電容量257.7MW
運転開始日2019年12月
事業者パシフィコ・エナジー作東合同会社
スポンサーリンク

中国広核集団煙台招遠400MW洋上太陽光発電プロジェクト

「中国広核集団煙台招遠400MW洋上太陽光発電プロジェクト」の完成イメージ
出典:Science and Technology Daily
「中国広核集団煙台招遠400MW洋上太陽光発電プロジェクト」
  • 設置位置:中国 山東省 烟台市の莱州湾、水深8.5m~11m
  • 設置面積:6.44km2
  • 発電容量:400MW
  • 年間平均発電量:690GWh/年(想定)

「中国広核集団煙台招遠400MW洋上太陽光発電プロジェクト」では、山東省烟台市にある莱州湾の海域6.44km2に杭を使用した固定式の容量400MWという太陽光発電設備を設置する計画。

設置面積は6.44km2というとんでもない広さですが、設置容量である400MWで割ると1kWあたり16.1m2。一般的な陸上の太陽光発電に必要な面積は、1kWあたり10~15m2といわれているそうなので、発電効率は陸上のものと大差ないようです。

完成イメージで1つのパネルのように見える太陽光パネルの集合体枚数を数えてみると907枚。太陽光パネルを設置していない通路部分などの余白スペース面積が不明なのでおおよそですが、1つのパネル面積は約6,000m2くらい。ざっくり縦横の長さに換算すると40m×150mという大きさ、・・そして、それが907枚。

スポンサーリンク

設置作業には洋上太陽光発電設備の杭打ち船「電建海装001」を使用

「中国広核集団煙台招遠400MW洋上太陽光発電プロジェクト」の建設作業には、2023年10月に完成した洋上太陽光発電設備の杭打ち船「電建海装001」(Dian Jian Hai Zhuang 001)が使用される予定。船の形状は全長66.66m、幅22m、深さ4.5m、甲板上には30トン吊りのクレーンが2基搭載されています。

「電建海装001」完成時に画像を見ただけでは施工する時のイメージがいまいち想像できなかったので、とても気になっていました。どんな感じで太陽光発電設備を設置するための杭を打設するのだろう。施工の様子や工事の施工進捗など情報が分かれば続報をお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。