国内初の技術実証へ向け、洋上浮体式太陽光発電設備の設置完了

国内初の技術実証へ向け、洋上浮体式太陽光発電設備の設置完了 国内ニュース
スポンサーリンク

国内初の技術実証へ向け、洋上浮体式太陽光発電設備の設置完了

設置がおこなわれた洋上浮体式太陽光発電設備
出典:SolarDuck

2024年5月9日、東急不動産とオランダのSolarDuckは、京セラコミュニケーションシステムとの連携のもと、東京港の中央防波堤エリアに洋上浮体式太陽光発電設備を設置したと発表。

この実証事業は、代表事業者である東急不動産と共同事業者のSolarDuck、エバーブルーテクノロジーズの3社により東京都政策企画局主導の「東京ベイeSGプロジェクト 先行プロジェクト」として2022年11月に「最先端再生可能エネルギー」の分野で採択されており、国内初となる「洋上浮体式太陽光発電」と「自動航行帆船」の技術実証を提案しています。

設置がおこなわれた洋上浮体式太陽光発電設備の大きさは約30m×約26mで高さ約6m。出力は80~100kW。設置完了後は洋上浮体式太陽光発電設備での発電、地上の蓄電池への蓄電、蓄電池の運搬・消費の実証を開始するという。

海の森エリアで開催するイベントで発電した電力を活用

設置がおこなわれた洋上浮体式太陽光発電設備
出典:SolarDuck

東京都によるイベント「SusHi Tech Tokyo 2024」では、2024年5月12日~21日にかけて東京湾海の森エリアで実証事業の取り組みを紹介する出展に加えて、このたび設置した洋上浮体式太陽光発電設備で発電した再生可能エネルギーを活用し、最新電動モビリティへの給電や、電動船への給電を実施する予定。

今後、東京湾岸エリアの竹芝地区で開催するイベントにおいても洋上浮体式太陽光発電設備で発電した電力活用を検討しているという。

【関連】洋上太陽光発電

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む