☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

イタリア沖で洋上風力・太陽光ハイブリッドプロジェクト、3社が合意

イタリア沖で洋上風力・太陽光ハイブリッドプロジェクト、3社が合意 洋上風力発電
スポンサーリンク

イタリア沖で洋上風力・太陽光ハイブリッドプロジェクト、3社が合意

SolarDuckの掲載記事【2024年2月29日掲載】

SOLARDUCK, GREEN ARROW CAPITAL AND NEW DEVELOPMENTS S.R.L. SIGN COLLABORATION AGREEMENT FOR A GRID-SCALE OFFSHORE HYBRID WIND-SOLAR PROJECT IN ITALY

(SOLARDUCK、GREEN ARROW CAPITAL と NEW DEVELOPMENTS S.R.L. イタリアにおけるグリッド規模の洋上風力発電と太陽光発電のハイブリッドプロジェクトに関する協力契約を締結)

https://solarduck.tech/solarduck-green-arrow-capital-and-new-developments-s-r-l-sign-collaboration-agreement-for-a-grid-scale-offshore-hybrid-wind-solar-project-in-italy/

2024年2月29日、SolarDuckとGreen Arrow Capital、New Developmentsの3社は、イタリア沖で洋上風力と洋上太陽光のハイブリッド洋上風力太陽光発電所を開発することで協力契約を締結したと発表しました。

開発が予定されている「Corigliano offshore hybrid wind-solar farm」プロジェクトは、浮体式。浮体式洋上風力タービン28基、420MWと120MWpの浮体式洋上太陽光(OFPV,Offshore Floating solar Photovoltaic)で構成され、合計発電容量は540MW。OFPVだけでも年間160GWh以上の太陽光発電が見込まれるという。

設置が予定されているのは、イタリア南部カラブリア州コリリアーノ・ロッサーノ沖のターラント湾。

このプロジェクトは、ヨーロッパの潜在力の高い市場における再生可能エネルギーとデジタル・インフラストラクチャーに投資するGreen Arrow Capitalの未来インフラストラクチャー・ファンド(GAIF,Green Arrow Capital’s Infrastructure of the Future Fund)の一環だという。

2023年12月に中国で建設が開始された大規模固定式洋上太陽光発電プロジェクト「中国広核集団煙台招遠400MW洋上太陽光発電プロジェクト」は総発電容量400MWでしたが、浮体式ではなく固定式。浮体式洋上太陽光発電で120MWという規模は世界的に見ても前例がない大規模なプロジェクト。

MWpとは?

MWpとは、Mega Watt peak(メガワットピーク)の略。

太陽光発電や風力発電などの出力が変動する電源において、標準として定められた条件の元で得られる電力をワット数で表したもの。太陽光発電システムにおいては、標準測定条件(STC)における太陽電池モジュールの直流出力の最大電力をワットで表したものとなる。

出典:Wikipedia | ワットピーク

スポンサーリンク

2028年の運転開始を目指す

SolarDuckの掲載記事には各企業のトップがコメントを寄せていました。

New DevelopmentsのGiovanni Guzzo CEOが述べたコメントから、協力契約を締結した「Corigliano offshore hybrid wind-solar farm」プロジェクトが2028年の商用運転開始(COD,Commercial Operation Date)を目指して認可申請を進めているようです。

【SolarDuck】Koen Burgers CEO

「現在の勢いを考えると、これは海洋再生可能エネルギー業界にとって、有利な規制枠組みを形成し、OFPVの拡大を促進するまたとない機会であると私たちは信じています。 これはイタリアだけでなく、地中海の他の国々にとっても重要です。 New Developments および Green Arrow Capital との協力は、イタリアにおける OFPV の触媒としても機能します」

https://solarduck.tech/solarduck-green-arrow-capital-and-new-developments-s-r-l-sign-collaboration-agreement-for-a-grid-scale-offshore-hybrid-wind-solar-project-in-italy/
【Green Arrow Capital Group】Daniele Camponeschi 創設者兼CIO

「これらの最先端インフラは、持続可能なエネルギー移行と自立に貢献するグリーン エネルギーを生成するだけでなく、陸上施設との補完性を実証し、貴重な土地資源を保護します」

https://solarduck.tech/solarduck-green-arrow-capital-and-new-developments-s-r-l-sign-collaboration-agreement-for-a-grid-scale-offshore-hybrid-wind-solar-project-in-italy/
【New Developments】Giovanni Guzzo CEO

「このプロジェクトは現在、2028年にCODが推定されることから認可申請中です。私たちは、これが実現し、イタリアの地域経済に影響を与えるプロジェクトであると確信しています」

https://solarduck.tech/solarduck-green-arrow-capital-and-new-developments-s-r-l-sign-collaboration-agreement-for-a-grid-scale-offshore-hybrid-wind-solar-project-in-italy/
スポンサーリンク

洋上太陽光に関する記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。