☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

退役したドイツの潜水艦「U17」をシュパイヤー技術博物館へ輸送

退役したドイツの潜水艦「U17」をシュパイヤー技術博物館へ輸送 船舶
スポンサーリンク

退役したドイツの潜水艦「U17」をシュパイヤー技術博物館へ輸送

潜水艦「U17」の輸送経路

 2010年12月に退役したドイツの潜水艦「U17」を展示・保存する目的でバルト海に面したドイツ北部のキール(Kiel)からドイツ中南部にあるシュパイヤー技術博物館へ運搬するという壮大な輸送プロジェクト。

キールからロッテルダムまでの曳航を行うボート「TEDDY」
出典:Herman Senior b.v
河川内の輸送を行うボート「Geertruida van der Wees」
出典:Herman Senior b.v

 2023年4月28日にキールで輸送台船に積まれた潜水艦「U17」は、キール運河(Nord‐Ostsee‐Kanal、北海バルト海運河)を抜けて北海へ出たあと、オランダのロッテルダムへ向かい、ライン川を通ってドイツに戻り、シュパイヤー技術博物館の付近にある岸で台船上から陸に上がり、5月21日に無事到着。キールからシュパイヤー技術博物館までの輸送距離は実におよそ1,200km。

 5月21日に行われたシュパイヤー技術博物館までの陸上輸送は一般公開され、多くの人に見守られながら長い輸送プロジェクトを無事に締めくくった。

スポンサーリンク

半世紀前に建造された潜水艦「U17」

出典:Kübler Spedition

 ドイツの潜水艦「U17」は、1973年11月に就役し約40年に渡りドイツ海軍で運用された後、2010年12月に退役。2010年から2021年までは、ヴィルヘルムスハーフェンの海軍工廠こうしょうで保管。2021年にキールの造船所へ移送され、輸送・展示に向けた兵器システムやバッテリーなどの取り外しが行われていた。

 全長48.6m、幅4.6m、高さ9m、重量は約500トン。最大潜水深度は100m、速力は浮上時で10ノット、潜水時は17ノット。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました