DEME「Orion」がオランダで3,500トンの洋上変電所設置

DEME「Orion」がオランダで3,500トンの洋上変電所設置着床式

 オランダで建設中の「Hollandse Kust Noord offshore wind farm」で洋上変電所の設置が行われた。設置を行ったのはベルギーのDEMEが所有する5,000トン吊りクレーン船「Orion」。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Hollandse Kust Noordで洋上変電所設置

「Orion」による洋上変電所トップサイド設置(重量=3,500トン)
出典:TenneT

 2022年10月3日~4日にかけて、オランダの海岸から沖合へ18.5kmの位置に建設中の洋上風力発電所「Hollandse Kust Noord offshore wind farm」で洋上変電所トップサイドの設置が行われました。

 設置を行ったのは5,000トン吊りクレーン船「Orion」。

 トップサイドの重量は3,500トン。大きさは長さ47m、幅35m、高さ25m。

昨年11月に行われた「Gulliver」によるジャケット設置

「Gulliver」によるジャケット設置(重量=2,100トン)と基礎杭打設
出典:TenneT

 洋上変電所の基礎ジャケットは2021年11月にScaldisが所有する4,000トン吊りクレーン船「Gulliver」によってジャケット設置と基礎杭打設が行われた。ジャケット重量は2,100トン。

「Hollandse Kust Noord offshore wind farm」の概要

 「Hollandse Kust Noord Wind Farm」は、オランダのエグモント・アーン・ゼー(Egmond aan Zee)の海岸から18.5km沖合に建設中の洋上風力発電所。発電容量は759MW、2023年末までに完成予定。

 事業者は、Shell と Eneco のコンソーシアムである 「CrossWind」。

 ”Hollandse Kust Noord”というのはオランダ語で”オランダの海岸 北”という意味。

「Hollandse Kust Noord Wind Farm」の概要
  • 設置位置:オランダ エグモント・アーン・ゼーから18.5kmの北海、水深15~28m
  • 発電容量:Siemens Gamesa SG 11.0-200 DD、11MW×69基=759MW
  • 風車基礎:着床式、モノパイル(TPレス)
  • 風車形状:ローター直径 200m、ブレード長さ 97m、ハブ高さ 125.5m
  • 完成予定:2023年末

風車設置はVan Oord

 2020年7月30日にVan Oordが発表したニュースリリースによると「Hollandse Kust Noord Wind Farm」の建設について「CrossWind」と契約。その契約内容は、アレイケーブル設置、風車基礎の建造・設置、風車タービンの輸送・設置。

 アレイケーブル設置についてはVan Oordが保有するケーブル敷設船「Nexus」が配船される予定。

全長123mのケーブル敷設船「Nexus」
出典:Van Oord

 風車基礎とタービン設置についてはVan Oordが保有するSEP起重機船3隻すべてが記載されています。その内の1隻ないし2隻が作業するのか、施工期間が短いので3隻を全投入して作業するのかは不明。1年弱の施工期間で11MW風車69基を基礎から設置なので2隻以上は配船しないと厳しそう。3隻投入も可能性大。

Van Oord所有のSEP起重機船

1,600トン吊り「Aeolus」は2023年初頭に133mブームへのアップグレードが完了する予定。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。

タイトルとURLをコピーしました