☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

広西チワン族自治区にXXXLモノパイル生産施設 12月完成予定

広西チワン族自治区にXXXLモノパイル生産施設 12月完成予定 洋上風力発電
スポンサーリンク

広西チワン族自治区にXXXLモノパイル生産施設 12月完成予定

出典:CNOOD-Wenchong Heavy Industries
CWHIの掲載記事

Phase 1 Construction of Qinzhou Yard Successfully Concludes

(欽州ヤードの第 1 期建設が無事に完了)

https://www.cssc-cwhi.com/details.html?id=7

 2023年5月5日、CNOOD Wechong Heavy Industries (CWHI)は、中国南部 広西チワン族自治区 欽州港のXXXLモノパイル生産施設に対する最終投資決定を下したと発表した。

 生産施設はフェーズ1の建設段階が完了し、フェーズ2の建設に入り2023年12月に完了する予定。

 生産施設の建屋は全長370m、幅39m、高さ54mで、洋上風力向けとなる8つの生産ラインがあり、年間生産能力は65万トン。最大直径15m、重量4,500トンのXXXLモノパイル144基の生産が可能。

 高い生産能力に加えて製品の保管エリアや出荷をおこなう岸壁も同時に整備されているようです。

 製品の出荷を行う岸壁は、長さ307m、水深12mで最大10万トン規模の船舶を係留することができ、製品保管エリアの面積は86,000m2あり、平米当たり20トンの積載重量に耐える仕様になっているそうです。

スポンサーリンク

世界最大規模のモノパイル生産施設

CWHISif Group
アップグレード後
Dajin Offshore
蓬莱生産基地
年間製造能力65万トン50万トン50万トン
最大直径15m11m11.5m
最大重量4,500トン2,500トン2,500トン
生産能力の比較

 世界最大規模のモノパイル生産基地の生産能力を比較。他にも有名どころはありますが、最近記事で取り上げた生産施設と比較してみると、確かに年間製造能力65万トンは他と比べても最大。取り扱い可能なモノパイルの形状も最大となっている。Dajin Offshoreについては、陽江市の生産基地が2025年に直径15m、重量4,000トンのモノパイル製造が可能になる。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました