商船三井が洋上風力向け内航モジュール船建造、2026年春竣工予定

商船三井が洋上風力向け内航モジュール船建造、2026年春竣工予定 国内ニュース
スポンサーリンク

商船三井が洋上風力向け内航モジュール船建造、2026年春竣工予定

出典:Mitsui O.S.K.Lines

2024年4月15日、商船三井のグループ会社である商船三井ドライバルクは、JFEエンジニアリングと海上運送契約締結に加えて、中国の江蘇省泰州市にある泰州三福重工集団有限公司(Taizhou Sanfu Ship Engineering)と同契約に投入予定の新造モジュール船建造に関する造船契約を締結したと発表。

日本初の洋上風力向け内航モジュール船

新造するモジュール船は、洋上風力部材の輸送をおこなう日本初の内航モジュール船になるという。

中国で建造するモジュール船は2026年春の竣工を予定。竣工後は、JFEエンジニアリングが操業を開始した岡山県笠岡市のモノパイル製造工場から、国内の洋上風力発電建設予定地に向けて洋上風力基礎の内航海上輸送に従事する。商船三井ドライバルクの管理のもと、商船三井内航が運航予定。

DPS搭載により風力タービン建設サイトでの受け渡しも検討可能

新造モジュール船は、先行する欧州市場で実績を積んだ最新デザインをベースに設計されており、非自航台船と比較して高い耐候性能を有することに加え、DPS(自動船位保持装置)を搭載し、貨物を風車建設サイトのSEP船へ直渡しすることも検討可能だという。

モジュール船の貨物を搭載する甲板は、突起の無い全面フラットなフラッシュデッキとなっており、モノパイルやタワー、ブレード、ナセル、浮体基礎といったあらゆる風車部材を船尾および舷側からSPMT(自走式多軸台車)を用いて直接積み込むことが可能。

新造モジュール船の概要

長さ約150m
約30m
計画喫水約5.2m
DWG13,000トン
船籍日本
その他・DPS搭載
・フラッシュデッキ
・電気推進システム
商船三井が洋上風力向け内航モジュール船建造、2026年春竣工予定
新造モジュール船のイメージ図
出典:Mitsui O.S.K.Lines
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました