Goldwindが1,600トン吊りSEP起重機船の建造を開始

Goldwindが1,600トン吊りSEP起重機船の建造を開始起重機船-世界

 Goldwindは、新疆ウイグル自治区に本社を置く中国の風力タービンメーカー。風車を製造する企業が設置を行うSEP起重機船を建造。なかなか大変そうですけど、すごい決断。

 建造費用は約300億円。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Goldwindが1,600トン吊りSEP起重機船の建造を開始

1,600トン吊りSEP起重機船の起工式
出典:Goldwind

Construction of Goldwind’s 1600-ton Offshore Wind Installation Vessel Kicked Off

(ゴールドウィンドの1600トン洋上風力発電設備船の建造が着工)

Construction of Goldwind’s 1600-ton Offshore Wind Installation Vessel Kicked Off

 2022年8月18日、中国の江蘇省南通市にあるCMHI(招商局重工有限公司)で「CNHI-278-01」というプロジェクト名で1,600トン吊りSEP起重機船の建造が開始された。

 完成予定は来年、2023年8月

 建造費用は15億元。日本円に換算すると300億円

Next August, this new-generation offshore wind installation vessel, with a cost of nearly RMB 1.5 billion, will be put into operation and will create greater value for the offshore wind power development in Yangjiang, Guangdong and the South China Sea.

(来年8月、この新世代の洋上風力発電設備船は、約15億人民元の費用で操業を開始し、陽江、広東、南シナ海での洋上風力発電開発により大きな価値を生み出すでしょう。)

Construction of Goldwind’s 1600-ton Offshore Wind Installation Vessel Kicked Off

1,600トン吊りSEP起重機船の概要

Goldwindが1,600トン吊りSEP起重機船の建造を開始

 完成予想図のイラストを見ると分かりますが、メインクレーンとサブクレーン2基を搭載したSEP起重機船。

 メインクレーンは1,600トン吊りで最大揚程が165m、サブクレーンは500トン吊りで最大揚程183m。20MW以上の風力タービン設置条件を満たすスペックになるらしいです。

The installation vessel is available to wind turbines of over 20MW with fixed support structures and those with impeller diameters below 320 meters.

(設置船は、固定支持構造を備えた 20MW を超える風力タービン、およびインペラーの直径が 320 メートル未満の風力タービンに利用できます。)

Construction of Goldwind’s 1600-ton Offshore Wind Installation Vessel Kicked Off
船名未定
クレーン能力(主)1,600トン、最大揚程 165m
(副)500トン、最大揚程 183m
長さ不明
不明
深さ不明
レグ長さ不明
(最大作業水深 70m)
建造場所招商局重工有限公司(CMHI):中国
建造年2023年8月(予定)
所有会社Xinjiang Goldwind Science Technology
(新疆金风科技股份有限公司)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。

タイトルとURLをコピーしました