デンマークでVestasの巨大な15MW洋上風車のナセルが完成

デンマークでVestas15MW洋上風車のナセルが完成洋上風力発電

 VestasがV236-15.0MW洋上風力タービンのプロトタイプナセルを完成させた。プロトタイプは、デンマーク北部にある陸上のウスタイル(Østerild)試験場で年内に設置される予定。

スポンサーリンク

V236-15.0MWのプロトタイプ

V236-15.0MWのプロトタイプナセル
出典:Vestas Wind Systems

 完成したV236-15.0MWプロトタイプのナセルはデンマークのオーデンセ港リンド(Lindø)にあるVestasの工場で製作されました。

 長さ115.5mのブレードは、デンマーク南部のロラン島にあるナクスコウ(Nakskov)で製作。

 それぞれの部材は完成後、デンマーク北部にあるウスタイル(Østerild)試験場へ運ばれて2022年内に設置が行われる予定。

1台で2万世帯の電力を供給

 定各出力15MWという巨大風車はローター直径236m、風車が風を受ける面積が43,000平方メートル。よく面積の換算で使用される東京ドームの面積は46,755平方メートルなので、どれだけ15MW風車が大きいのか理解できますね。

 風速によって変わりますが、年間発電量は80GWh。20,000世帯に電力を供給。

The V236-15.0MW™ moves the boundaries of offshore wind energy forward, with one single turbine being capable of producing up to 80GWh/Year depending on site-specific conditions, which is enough energy to power more than 20,000 households. 

(V236-15.0MW™ は、オフショア風力エネルギーの境界を前進させます。単一のタービンは、サイト固有の条件に応じて最大 80GWh/年を生成できます。これは、20,000 世帯以上に電力を供給するのに十分なエネルギーです。)

V236-15.0 MW™ prototype nacelle completed and ready for testing (vestas.com)

 80GWhで20,000世帯の年間発電量という事は、1世帯あたりに換算すると4,000kWh。少し気になったので日本の電気使用量を調べてみると、4,047kWhでほぼ一緒でした。

出典:環境省 | 2019年度の家庭のエネルギー事情を知る

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました