Thialfで使用する大型パイルグリッパーをHuismanに発注

Thialfで使用する大型パイルグリッパーをHuismanに発注起重機船-世界

 HeeremaはHuismanに大型パイルグリッパーを発注。搭載する予定のクレーン船は14,200トン吊り「Thialf」。先日プロトタイプのナセルが完成したV236-15.0MW風車基礎のモノパイルを「Thialf」で設置する予定だそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最先端の動作補償パイルグリッパー

 最先端の動作補償パイルグリッパー(state-of-the-art Motion Compensated Pile Gripper)。

Heeremaの掲載記事

Heerema awards Huisman contract to deliver Motion Compensated Pile Gripper

(Heerema が Huismanの契約を授与し、モーション補償パイルグリッパーを納入)

Heerema awards Huisman contract to deliver Motion Compensated Pile Gripper

 2022年9月29日、オランダのHeeremaは同じくオランダのHuismanに最先端の大型パイルグリッパーを発注。発注したパイルグリッパーは直径12.5m、長さ115m、重量3,200トンのモノパイルを設置可能で動作補償機能を搭載している。取り付けるのは14,200トン吊り「Thialf」の舷側部分。

 パイルグリッパーのスペックが驚異的な数字で驚きますが、Heerema社も当てがない状態で発注している訳ではなく、受注した工事で使用する予定があるそうです。

He Dreiht offshore wind farmの洋上風車基礎設置を受注

出典:Heerema

 2022年4月25日、Heeremaはドイツの北海沖合に建設予定のHe Dreiht offshore wind farmにおいて洋上風車基礎設置を受注したことを発表。

Heeremaの掲載記事

Heerema Marine Contractors awarded He Dreiht offshore wind project

(Heerema Marine ContractorsがHe Dreiht洋上風力発電プロジェクトを受賞)

Heerema Marine Contractors awarded He Dreiht offshore wind project

 受注内容は64基の洋上風車基礎モノパイルとトランジションピースの設置。

 基礎から上の風車タービン設置はCADELERが受注。その風車はなんとVestasのV236-15.0MW

He Dreiht offshore wind farmの概要

 世界で初めて15MWの洋上風車が設置される洋上風力発電所。あと数年でヨーロッパでは15MWの洋上風車が設置されるようです。発展スピードが速すぎですね。

He Dreiht offshore wind farmの概要
  • 設置位置:ドイツ ボルクムから北西へ約90kmの北海、最大水深37.7m~40.6m
  • 発電容量:Vestas V236-15.0MWタービン 15MW×64基=960MW(接続容量900MW)
  • 風車基礎:着床式、モノパイル
  • 風車形状:ローター直径 236m、ブレード長さ 115.5m
  • 建設開始:2024年上半期、タービン設置2025年第2四半期
  • 完成予定:2025年
CADELERの掲載記事

Cadeler A/S signs contract with Vestas to support the transportation and installation of 15 MW offshore turbines

(Cadeler A/SがVestasと15MWオフショアタービンの輸送と設置を支援する契約を締結)

Cadeler A/S signs contract with Vestas to support the transportation and installation of 15 MW offshore turbines

 掲載記事によると風車タービンの設置は2025年第2四半期に開始、年末には完了する予定。

 作業を行う作業船は ”It will be executed by one of Cadeler’s two O-class vessels”(Cadelerの2つのOクラス船の1つによって実行)という記載があるので、保有するSEP起重機船「Wind Orca」、「Wind Osprey」のどちらかで設置予定。

「Wind Orca」「Wind Osprey」のクレーンアップグレードの予定

 CADELERは保有するSEP起重機船「Wind Orca」、「Wind Osprey」のクレーンを2024年初頭までにアップグレードすることを発表している。現状では両船とも1,200トン吊りのクレーンを搭載していますが、それぞれ1,600トン吊りにアップグレードする予定。揚程(甲板上から)は、132mから160mになるそうです。

 こういった既存船のアップグレードは今後も増えてきそうな感じ。

 CADELERは現在SEP起重機船2隻しか保有していませんが、X-Classと呼ばれる2,600トン吊りクレーンを搭載したSEP起重機船を2隻中国で建造中。2024年後半から2025年上半期に完成予定。

 さらに、2022年5月にはF-classと呼ばれる吊り上げ能力2,600トン以上のクレーンを搭載したSEP起重機船を同じく中国のCOSCO SHIPPINGに発注している。

基礎と風車タービン設置を別作業船で施工する方法

 洋上風車の大型化が進んでくると今回のように風車基礎と風車タービンを別のクレーン船で施工するパターンが多くなりそうな気がします。吊り上げ能力と揚程を作業船1隻で両立させるよりも別船で考えた方がコスパがいいのかも。そうこうしてると浮体式が主流になっちゃうかもしれませんが。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。

タイトルとURLをコピーしました