CadelerのSEP船「Wind Peak」進水

CadelerのSEP船「Wind Peak」進水 起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

CadelerのSEP船「Wind Peak」進水

2024年1月3日、Cadelerは中国のCOSCO Shippingで建造しているSEP起重機船「Wind Peak」が進水したことを発表しました。今後はメインクレーンやレグなどの船上設備を搭載する作業がおこなわれ、2024年半ばに海上公試(SEA TRIAL)を予定しているという。そして、完成・引き渡しは2024年第3四半期になる予定。

SEP起重機船「Wind Peak」は、船名公表前まではX-classと呼ばれていたシリーズの1隻目で、現在はP-classと呼ばれている。同様にF-classは現在A-classという名称に変更されています。船体設計はNOV傘下のGustoMSCによるもので、建造しているP-classおよびA-classの4隻すべて船体は同一仕様となっており、「NG-20000X-CA」というタイプ。

船体寸法などの詳細に関してCadelerから公表されていませんが、GustoMSCのウェブサイト上で確認可能な「NG-20000X」標準仕様の船体寸法は、長さ151.1m、幅58m、深さ12m、レグ長さ120m、最大作業水深70mとなっている。そして、搭載するメインクレーンを製造するHuismanの掲載情報によると、クレーンの最大吊り上げ能力は2,600トン。

船名プロジェクト名クレーン能力着工起工進水引き渡し予定
Wind Peak
(P-class①)
N10632,600トン2022年6月2023年7月2024年1月2024年第3四半期
Wind Pace
(P-class➁)
N10642,600トン2023年2月2025年第2四半期
Wind Ally
(A-class①)
N11302,600トン2023年9月2025年第3四半期
Wind Ace
(A-class➁)
未定3,000トン以上2026年第3四半期
CadelerのP-calssとA-classの建造進捗および建造予定
スポンサーリンク

SEP起重機船「Wind Peak」の概要

クレーン能力2,600トン
(作業半径53m)
甲板スペース5,600m2
ペイロード17,600トン
積載可能な
風力タービン
15MW×7セット
or
20MW×5セット
宿泊設備130人
X-classのSEP起重機船について
CadelerのSEP船「Wind Peak」進水
SEP起重機船「Wind Peak」
出典:Cadeler

CadelerのSEP起重機船建造に関する記事

Cadelerが2隻目となるF-classのSEP起重機船を発注
CadelerのF-classにHuismanのクレーンを搭載
CadelerのSEP船にFrese FUELSAVE技術を搭載
CadelerのSEP船2隻の改造をSemco Maritimeが契約
CadelerのX-class2隻目となるSEP船の建造開始
Cadeler1隻目のX-class SEP船の起工式
SEP船「Wind Orca」のアップグレード部材が韓国を出港
Cadeler1隻目のF-class SEP船建造スタート
CadelerのX-class、起工から2か月半で船体組立
SEP船「Wind Orca」のアップグレード作業開始
「Wind Osprey」スヒーダム到着、2隻同時アップグレードへ
中国で建造中のCadeler X-class1隻目、居住区設置
SEP船「Wind Orca」既設1,200トンクレーン撤去
SEP船「Wind Osprey」に搭載の新造クレーンが韓国出発
撤去したSEP船のクレーンをクレーン船に再利用
Cadelerが建造しているSEP船4隻の船名公表
CadelerとEneti合併、2026年には保有SEP船10隻
CadelerのSEP船「Wind Peak」進水
CadelerがHuismanにSEP船のパイルグリッパー発注
SEP船「Wind Orca」1,600トン吊りクレーン搭載
スポンサーリンク
興味深い海の世界

あらゆるものが巨大な海の世界。
なかでもインパクトの強い画像を中心に海の世界を紹介。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む