中国で1,300トン吊りSEP船のアップグレード完了

中国で1,300トン吊りSEP船のアップグレード完了 起重機船、クレーン船

 中国で2019年に建造された1,300トン吊りSEP起重機船「铁建风电01」のアップグレードが完了。主な内容は、メインクレーンのブームを延長し長いブームに載せ替えるというもので、吊り上げ能力は1,300トンで変わらず。

スポンサーリンク

中国で1,300トン吊りSEP船「铁建风电01」アップグレード完了

交換したブームによるクレーン検査

 2023年3月30日、浙江省 舟山市 定海区にある舟山長宏国際船舶で1,300トン吊りSEP起重機船「铁建风电01」(Tie Jian Feng Dian 01)のアップグレードが完了。大型化する洋上風力タービンの設置に対応するもので、クレーンの吊り上げ能力は1,300トン吊りを維持したまま、揚程を上げるために長いブームを搭載。

 先日オランダで行われたSEP起重機船「Aeolus」のブーム延長と同様に、新造ブームの設置に伴いジブレストを新規で搭載する改造も行われている。ヘリパッドについては、アップグレード時に撤去されています。その他には、係留システムの移動や船体の補強などが行われた。

 長いブームへのアップグレードにより、メインフックの揚程は甲板上120mから143mにアップ、補助フックの揚程は甲板上130mから153mにアップ。10MW以上の風力タービン設置が可能に。

 SEP起重機船「铁建风电01」の船体寸法は長さ105m、幅42mで変更はなく、甲板搭載容量は4,100トンで、6MWの風力タービン3セット、8MWの風力タービンなら2セットの搭載・輸送が可能という以前の仕様を維持している。

 アップグレードを行った舟山長宏国際船舶は船舶の造船・修繕の他に解体も行っており、2018年にはオランダのHeerema Marine Contractorsが所有する8,100トン吊り半潜水式起重機船「Hermod」の解体を行っている。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました