メキシコからのコンテナ、ビーフジャーキーと書かれた中身は覚せい剤

メキシコからのコンテナ、ビーフジャーキーと書かれた中身は覚せい剤 事件・事故
スポンサーリンク

メキシコからのコンテナで323㎏のメタンフェタミンを押収

2023年10月6日、フィリピンのマニラ国際コンテナターミナルでコンテナからメタンフェタミン323kgが発見・押収されたという。押収された覚せい剤は推定市場価値22億フィリピンペソ、日本円に換算すると約57億2千万円に相当。

ラベルにはビーフジャーキーと記載して偽装

出典:Philippine Coast Guard
出典:Philippine Coast Guard

コンテナ内から発見されたメタンフェタミンは、小包1,000個以上に小分けされた状態で、ラベルにはビーフジャーキーと表示されていたという。

覚せい剤が発見されたコンテナは、メキシコからの貨物として2023年2月にマニラ国際コンテナターミナルへ到着。フィリピン当局は、違法薬物の受取人を特定するため手がかりを追っているという。

スポンサーリンク

フィリピン沿岸警備隊が覚せい剤を “SHABU” と表現

Philippine Coast Guard のX投稿文

PCG SUPPORTS INTERCEPTION OF ₱2.2B WORTH OF SHABU

(PCG、22億フィリピンペソ相当のシャブの押収を支援)

https://twitter.com/coastguardph/status/1711215639837466624

覚せい剤323kgが押収されたことも驚きなんですが、もっと衝撃的だったのがフィリピン沿岸警備隊のSNSへの投稿でメタンフェタミンのことを「現地では ”SHABU”(シャブ)として知られている」と表現していた点。

馴染みは無いけど、覚せい剤が隠語でシャブと呼ばれていることは多くの方が知っていると思います。日本で使われている隠語をフィリピン沿岸警備隊のSNSで見るという衝撃。

もしかすると、同じアジアなので日本からフィリピンへ ”シャブ” という言葉が伝わったのかもしれませんし、逆に外国で使われていた隠語が日本で使われるようになったのかもしれません。

”シャブ”の語源を調べても確定的なものはありませんでした。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました