☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

1,200トン吊りSEP船「華夏金租神大01」引き渡し

1,200トン吊りSEP船「華夏金租神大01」引き渡し 起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

1,200トン吊りSEP船「華夏金租神大01」引き渡し

2023年7月25日、武漢船用機械有限責任公司が華夏金融租賃有限公司向けに建造している2隻の1,200トン吊りSEP船のうち1隻目にあたる「華夏金租神大01」(hua xia jin zu shen da 01)が完成し、傘下の青島海西重機有限責任公司で引き渡しがおこなわれました。

「華夏金租神大01」は、同型船の「華夏金租神大02」とともに2022年8月に建造が開始され、2023年4月に進水。その後、江蘇省から山東省の青島海西重機有限責任公司へ移動してメインクレーンの設置やレグの延長などをおこなっていました。驚異的なスピードで建造がおこなわれ、建造開始から引き渡しまで1年かかっていない。同型船の「華夏金租神大02」は現在、メインクレーンの搭載が完了してレグの延長をおこなっている段階なので引き渡しは来月以降になると思われる。

スポンサーリンク

ブーム長さ150m、16MW風力タービン設置が可能

画像を見ても分かる通りSEP船「華夏金租神大01」はとても長いブームを搭載しており、なんとブーム長さは150m。メインクレーンには、1,200トン吊りのメインフックと先端に400トン吊りの補助フックを備え、それぞれの揚程はメインフックが甲板上150m、補助フックが甲板上175mとなっている。中国のニュース記事では1,200トン吊りSEP船の中で最も揚程の高いクレーンであると紹介しており、出力16MWの風力タービン設置が可能。

SEP船としてのスペックもさることながら、建造開始から引き渡しまでが僅か11ヶ月という建造スピードは驚異的。

船名華夏金租神大01
(hua xia jin zu shen da 01)
クレーン能力メイン:1,200トン(主)
メイン:400トン(補)
サブ:300トン
揚程甲板上 150m(主)
甲板上 175m(補)
長さ106.6m
44.2m
深さ8.45m
レグ長さ110m
最大作業水深60m
レグ能力昇降:5,000トン/脚
最大支持:8,300トン/脚
レグ昇降速度船体昇降時:24m/h
レグ昇降時:32m/h
プロペラアジマス 2,000kW×2(船尾)
トンネル 1,500kW×2(船首)
DPSDP-1
宿泊設備90人
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。