☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

Havframの2隻目となる3,250トン吊りSEP船建造開始

Havframの2隻目となる3,250トン吊りSEP船建造開始 洋上風力発電
スポンサーリンク

Havframの2隻目となる3,250トン吊りSEP船建造開始

Havframは、中国の山東省 煙台市にあるCIMC Raffles Offshoreで2隻目のSEP起重機船となるSteele Cutting Ceremony(鉄鋼切断式)をおこない建造開始したことを発表しました。

建造するSEP起重機船の船体設計はNOVの海洋事業の一部であるGustoMSCによるもので、NG-20000Xという型式。そして、搭載するクレーンはHuisman製で最大吊り上げ能力3,250トン。姉妹船となる1隻目の建造は2023年9月に開始されており、完成・引き渡し予定は2025年8月、2隻目は2025年第4四半期後半となっている。

型式NG-20000X
長さ151.1m
58.0m
甲板スペース5,600m2
レグ長さ120m
最大作業水深70m
NG-20000Xの標準仕様
Havframの3,250トン吊りSEP船建造スタート
SEP船の完成イメージ
出典:Havfram
スポンサーリンク

船名は1隻目「Norse Wind」、2隻目「Norse Energi」

LinkedInへ投稿されたHavframの情報では、建造しているSEP起重機船2隻の船名が明らかにされていました。1隻目は「Norse Wind」、2隻目は「Norse Energi」。

2隻の船名に共通する ”Norse” は、スカンジナビアを意味する古代用語で、2隻目の「Norse Energi」に使われている ”Energi” は何となく理解できますが、ノルウェー語でエネルギー(energy)を意味するそうです。

公表したSEP起重機船2隻の船名
  • 1隻目「Norse Wind」
  • 2隻目「Norse Energi」
船名プロジェクト名クレーン能力着工起工進水引き渡し予定
Norse WindH5883,250トン2023年9月2025年8月
Norse EnergiH5893,250トン2024年1月2025年第4四半期後半
HavframのSEP起重機船2隻の建造進捗および予定

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました