☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

世界最大16MW風車が24時間で384.1MWhの発電記録樹立

世界最大16MW風車が24時間で384.1MWhの発電記録樹立 洋上風力発電
スポンサーリンク

世界最大16MW風車が24時間で384.1MWhの発電記録樹立

福建省では、9月1日に16MWの超大容量洋上風力タービン ユニットが歴史を作りました。

中国三峡集団公司が運営するこの巨大な羽根は123メートルあり、24時間で384,100kWhという驚くべき電力を生成しました。これは毎日の風力発電の世界新記録です。

X | Green China (午後4:01 · 2023年9月5日 投稿)

2023年9月1日、中国の福建省に設置されている世界最大の16MW風力タービン「GWH252-16MW」が24時間で384.1MWhの発電記録を樹立したという。時間当たりの出力を計算すると16MWを超えています。

384.1MWh ÷ 24時間 = 16.004MW

24時間当たりの発電電力量が384.1MWhを記録した9月1日は、接近する台風11号(HAIKUI)の影響で最大風速23.56m/sの強風に見舞われていたという。

2023年台風11号の経路図
出典:気象庁ホームページ(台風経路図 令和5年
スポンサーリンク

16MW風力タービン「GWH252-16MW」

SEP起重機船「白鹤滩」による16MW風力タービン「GWH252-16MW」設置
出典:Goldwind

16MW風力タービン「GWH252-16MW」は、電力大手の中国長江三峡集団と中国の風力タービンメーカーGoldwind(新疆金風科技)が共同で開発。現地海域への設置は、2023年6月24日から28日にかけて2,000トン吊りSEP起重機船「白鹤滩」(Bai He Tan)によっておこなわれた。

巨大な風力タービンの直径は252m、使用しているブレードの長さは123m。受風面積は約5万m2で標準的なサッカー場約7面分に相当する大きさ。部材の中で最大重量となるナセルは500トン。風力タービンが1回転するたびに34.2kWhの電力が発電され、年間発電電力量は66,000MWh以上。

タービン
メーカー
中国長江三峡
Goldwind
型式GWH252-
16MW
発電容量16MW
ローター直径252m
ブレード長さ123m
受風面積50,000m2
発電電力量66GWh /年
16MW風力タービン「GWH252-16MW」
出典:Goldwind

世界最大に関する一覧では風力タービンも掲載

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。