中国でアジア最大規模のfloat-overによる石油プラットフォームトップサイド設置

中国でアジア最大規模のfloat-overによる石油プラットフォームトップサイド設置石油プラットフォーム

 2022年8月1日、中国海洋石油集団有限公司(CNOOC、China National Offshore Oil Corporation)は、恩平15-1センタープラットフォームの全体的な設置を完了したと発表。総重量30,000トンを超えるアジア最大規模の石油プラットフォーム。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

恩平15-1センタープラットフォーム

 恩平15-1センタープラットフォームが設置されたのは香港から南西に200km沖合の南シナ海。水深は約90m。

ジャケットの設置

運搬台船「海洋石油229」に搭載されたジャケット(重量:18,000トン)

 プラットフォーム下部のジャケットは2022年6月27日に設置が完了。

 ジャケット大きさは幅92.4m、高さ101.1m、重量18,000トン。運搬台船「海洋石油229」に搭載されたジャケットは設置場所付近で台船を傾けて滑らせ、進水する方法で設置。

進水後はクレーン船で垂直に起こして設置
あらかじめ仕込んでおいたワイヤーに玉掛け

 👆上の画像を見ると分かりますが、玉掛けするワイヤーの末端部分だけジャケットの上面に出ている状態で玉掛けを行っています。作業している方も事前に陸上で玉掛けワイヤーを仕込んだ所を確認してるはず、なんならマーキングしてどれがどのワイヤーか分かるようにしてるはず。ですが、この後の吊り上げ画像を見るとワイヤー同士が絡まってます。

 恐らく、1度吊り上げると直したくてもワイヤー直せないんでしょうね。強度的に安全率でカバーされれると思っていたのかは分かりませんが、事故が起きなくてよかったです。

 これだけ大きなプロジェクトに従事している人でも、同じ人間なんだなぁという変な親近感が湧きました。

ジャケット設置を行う7,500トン吊りクレーン船「Lan Jing」

 ジャケットの設置を行っているのは7,500トン吊りクレーン船「Lan Jing」(蓝鲸)。

トップサイドの設置

トップサイドを運搬台船に積込(重量:18,880トン)

 トップサイドの高さは最高点で67m、重量18,880トン。面積はバスケットコート約10面分、約4,200平米という記事があったので、恐らく縦横の大きさは推定125m×35mくらい。

 ジャケットの時と同様、運搬台船は「海洋石油229」。

「海洋石油229」
全長234.7mの運搬台船「海洋石油229」

 ジャケットやトップサイドは大きいんですが、その大きさがイマイチ伝わりにくい原因に運搬台船「海洋石油229」自体が巨大だからという事があるかもしれません。

 船名  海洋石油229
 HAI YANG SHI YOU 229
 
 最大積載重量  38,500トン
長さ 234.7m
 65.0m
深さ 14.25m
「海洋石油229」の概要

 「海洋石油229」は先日も高さ302m、重量30,000トンの巨大ジャケット運搬台船として使用されています。

トップサイドはfloat-overで設置

 トップサイドは運搬台船「海洋石油229」に載せた状態で設置する”float-over”という方法で設置。

 ジャケットの隙間に台船を差し込むクリアランスは、ほとんどないので難易度高そう。

狭いジャケットの間に台船を挿入

 台船の進行方向側に取っている係留索は、前方にいる4,500トン吊りクレーン船「Chuang Li」(創力)から取っている。設置海域は水深約90mなのでアンカーで係留するとジャケットとアンカーワイヤーが干渉してしまうからだと思われます。

中国でアジア最大規模のfloat-overによる石油プラットフォームトップサイド設置
トップサイド設置 (重量:18,880トン)
設置完了

【動画】ジャケット設置からトップサイド設置

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。

タイトルとURLをコピーしました