積載能力14,000トンのケーブル設置船、建造開始

積載能力14,000トンのケーブル設置船、建造開始 洋上風力発電
スポンサーリンク

積載能力14,000トンのケーブル設置船、建造開始

2024年1月19日、Ulstein Groupの造船部門であるUlstein Verftは、Nexans Marine Operations AS 向けとなるケーブル敷設船のsteel cutting ceremony(鉄鋼切断式)をおこない、建造開始を発表しました。

鉄鋼切断式がおこなわれたのは、ポーランド北部のグディニャにある造船所CRISTのヤード内。船体設計を手掛けているのはノルウェーに本社を置くSkipstekniskで、2021年にNexansへ納入した同タイプのケーブル敷設船「Nexans Aurora」を基に改良された最新バージョンになるという。

建造するケーブル敷設船の船体寸法は、全長149.9m、幅31mで2021年に納入した「Nexans Aurora」と大きさは同じ。しかし、ケーブル積載量は「Nexans Aurora」の10,000トンから約14,000トンへ増加。甲板上には最大10,000トンのケーブルを保持する分割ターンテーブルがあり、甲板下には3,500トンのターンテーブルに加え、450トンの光ファイバー用バスケットを備えている。

洋上風力発電設備をはじめとした海底ケーブルの敷設およびメンテナンス作業の要件を満たした設計なっており、最大で4本のケーブルを同時に敷設することが出来るそうです。同時に4本施工してる時にトラブルが起きると大変なことになりそうで少し心配。

建造開始を発表した今回の記事では完成・引き渡し時期について言明されていませんでしたが、”予定通り建造を開始することができた”と書かれているので、当初予定の2026年に完成するスケジュールで進行していると思われる。

船名未定
長さ149.9m
31m
ケーブル積載量14,000トン
DPSDP3
定員90人
完成予定2026年
建造予定のケーブル敷設船(完成イメージ)
出典:Ulstein Group ASA
スポンサーリンク

ケーブル設置船に関連する記事

ケーブル敷設ができるSOVという多機能運用保守船「丰华23」竣工
ケーブル敷設船「AWAJI」鳥羽市神島町への海底ケーブル敷設
積載容量1万トンのケーブル敷設船「启帆19」海上公試完了
Jan De Nulが2隻目の超大型ケーブル敷設船を発注
ULSTEINが海底作業に卓越した多目的ケーブル敷設船を発表
Huismanが東洋建設の自航式ケーブル敷設船にクレーン2基納入
ドコモとKDDI共同、「きずな」に船上基地局を設置して運用開始
「Baltic Eagle」で基礎とアレイ間ケーブル設置完了
東洋建設の自航式ケーブル敷設船、ルーマニアで船体建造
投資額300億円、東洋建設が自航式ケーブル敷設船建造を発表
積載容量1万トンのケーブル敷設船 進水、曳航式トレンチャー搭載
「BALTIC EAGLE」でケーブル敷設作業開始
全長215m、積載容量28,000トンのケーブル敷設船建造契約
全長約150mの巨大なケーブル敷設船 建造契約締結
Van Oordのケーブル敷設船「Calypso」引き渡し
スリランカの造船所でケーブル敷設船建造、日本との意外な繋がり
中国で洋上支援船を風力向けの多機能運用保守船へ転換
商船三井と東洋建設が洋上風力発電事業に関する合弁会社設立
SOV船にケーブル敷設設備を搭載した多機能運用保守船の建造開始
中国で洋上風力向けに台船を改造したケーブル設置船が完成
スポンサーリンク
興味深い海の世界

あらゆるものが巨大な海の世界。
なかでもインパクトの強い画像を中心に海の世界を紹介。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む