☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

積載能力14,000トンのケーブル設置船、建造開始

積載能力14,000トンのケーブル設置船、建造開始 洋上風力発電
スポンサーリンク

積載能力14,000トンのケーブル設置船、建造開始

2024年1月19日、Ulstein Groupの造船部門であるUlstein Verftは、Nexans Marine Operations AS 向けとなるケーブル敷設船のsteel cutting ceremony(鉄鋼切断式)をおこない、建造開始を発表しました。

鉄鋼切断式がおこなわれたのは、ポーランド北部のグディニャにある造船所CRISTのヤード内。船体設計を手掛けているのはノルウェーに本社を置くSkipstekniskで、2021年にNexansへ納入した同タイプのケーブル敷設船「Nexans Aurora」を基に改良された最新バージョンになるという。

建造するケーブル敷設船の船体寸法は、全長149.9m、幅31mで2021年に納入した「Nexans Aurora」と大きさは同じ。しかし、ケーブル積載量は「Nexans Aurora」の10,000トンから約14,000トンへ増加。甲板上には最大10,000トンのケーブルを保持する分割ターンテーブルがあり、甲板下には3,500トンのターンテーブルに加え、450トンの光ファイバー用バスケットを備えている。

洋上風力発電設備をはじめとした海底ケーブルの敷設およびメンテナンス作業の要件を満たした設計なっており、最大で4本のケーブルを同時に敷設することが出来るそうです。同時に4本施工してる時にトラブルが起きると大変なことになりそうで少し心配。

建造開始を発表した今回の記事では完成・引き渡し時期について言明されていませんでしたが、”予定通り建造を開始することができた”と書かれているので、当初予定の2026年に完成するスケジュールで進行していると思われる。

船名未定
長さ149.9m
31m
ケーブル積載量14,000トン
DPSDP3
定員90人
完成予定2026年
建造予定のケーブル敷設船(完成イメージ)
出典:Ulstein Group ASA
スポンサーリンク

ケーブル設置船に関連する記事

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。