☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

シーメンスガメサなど次世代洋上風力タービン部材の輸送船建造を発表

シーメンスガメサなど次世代洋上風力タービン部材の輸送船建造を発表 洋上風力発電
スポンサーリンク

次世代洋上風力タービン部材の輸送船建造を発表

deugroの掲載記事

deugro Announces Newbuild Vessels Rotra Futura and Rotra Horizon in Cooperation with Siemens Gamesa Renewable Energy and Amasus Offshore B.V.

(deugro、Siemens Gamesa Renewable EnergyおよびAmasus Offshore B.V.と協力して新造船Rotra FuturaおよびRotra Horizonを発表)

https://deugro.com/2023/05/deugro-announces-newbuild-vessels-rotra-futura-and-rotra-horizon-in-cooperation-with-siemens-gamesa-renewable-energy-and-amasus-offshore-b-v/

 Siemens Gamesa、Amasus Offshore、deugro Danmark は、次世代洋上風力タービン部材の運搬をおこなう輸送船2隻の建造を発表。2隻は中国の造船所で建造され、2025年の春から夏に引き渡しが行われる予定。

 新造船2隻の船名はすでに決まっており「Rotra Futura」と「Rotra Horizon」。新造船2隻はSiemens Gamesaの専用運搬船として稼働している「Rotra Mare」、「Rotra Vente」の”Rotraコンセプト”をベースに設計され、次世代洋上風力タービン部材のサイズと重量の増加に対応するとしている。

 船体寸法は全長167.6m、幅26m。タービン部材を積載した状態でも視界が制限されないようにブリッジは船首部分に配置され、船尾側には車両の乗り入れをおこなうランプウェイが備えられている。甲板設備としてLiebherr製のクレーンを3台搭載し、ブレードを3段に積み込むことができる独自のガントリーシステムが装備され、貨物の構成と積載方法に優れた柔軟性を提供するとしている。

 現在、Siemens Gamesaの専用運搬船として稼働している「Rotra Mare」と「Rotra Vente」はどちらも元々は風力タービン資材を運ぶ専用船では無く改造された船。車両の乗り入れをおこなうランプウェイの追加や船体の長さを延長する改造が施されている。

船名Rotra Futura
Rotra Horizon
Rotra MareRotra Vente
長さ167.6m152.84m141.51m
26m23.65m23.60m
新造船と既存船の船体長さなど

関連記事 運搬船「ROTRA MARE」による長さ115mのSG14-236DDプロトタイプ用ブレード運搬

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました