☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

水深60mに沈む貨物船「白虎」に取り付けたチェーン巻き上げ開始

水深60mに沈む貨物船「白虎」に取り付けたチェーン巻き上げ開始 事件・事故
スポンサーリンク

水深60mに沈む貨物船「白虎」引き揚げ開始

2023年8月17日、今治沖の水深60mに沈む貨物船「白虎」の船体に取り付けられたチェーンが巻き上げられ、引き揚げ作業が開始されました。報道されている情報によると、18日には海面付近まで船体が引き揚げられ、19日には小部湾への曳航がおこなわれるという。

「白虎」引き揚げに向けた準備として、吊り上げ用チェーンの取り付けは2023年3月に開始。そして、チェーンを巻き上げる装置を搭載した2隻の台船「STEEL HUB-9」と「STEEL HUB-10」を使用して「白虎」を引き揚げる。船体に取り付けたチェーンの巻き上げに加えて、「白虎」のバラストタンクに空気を送り込み浮力も利用しているという。

全長約170mという大きな船体をそのまま引き揚げるというサルベージ作業は世界的に見ても珍しい。

船名白虎
船種RO-RO貨物船
総トン数11,454トン
長さ169.98m
26.0m
建造年2020年
2020年6月に竣工した「白虎」
出典:Shin Kurushima Dockyard
スポンサーリンク

小部湾で半潜水式運搬船に搭載?

作業が順調に進むと19日には小部湾へ曳航されるという予定。小部湾へ到着したところで台船2隻のチェーンプラーで「白虎」を吊っている状態では安全な状態とは言えない。

チェーンプラーを使用した引き揚げでは、最終的に半潜水式運搬船に搭載されることが多いので「白虎」も同じ方法が取られるはず。「セウォル号」引き揚げの時も船体を半潜水式運搬船「WHITE MARLIN」に搭載しています。「WHITE MARLIN」の全長は216.7m、幅63m、甲板スペース177.6m×63m、載貨重量トン数は72,146トン。

「セウォル号」引き揚げの様子

2隻の台船を使用した「セウォル号」の引き揚げ
半潜水式運搬船「WHITE MARLIN」に「セウォル号」を搭載

「セウォル号」よりも大きな船体の「白虎」を搭載する半潜水式運搬船が何なのか?

深田サルベージ建設が所有する半潜水式バージ「OCEAN SEAL Ⅱ」でも全長141.02m、幅36.0m、載貨重量トン約24,000トン、甲板スペースは恐らく約120m×36mなので「白虎」を搭載すると50mくらいオーバーハングするので厳しそう。外国の重量物運搬船を手配していると思われる。

船名白虎セウォル号
総トン数11,454トン6,825トン
長さ169.98m146.61m
26.0m22.2m
沈没場所の水深60m44m

関連 来島海峡で衝突事故により沈没した貨物船「白虎」の引き揚げ準備開始

関連 今治沖の貨物船「白虎」引き揚げ作業 本格的に開始

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました