中国で最大25MWの洋上風力発電プロジェクト建設承認を発表

中国で最大25MWの洋上風力発電プロジェクト建設承認を発表 洋上風力発電
スポンサーリンク

中国で最大25MWの洋上風力発電プロジェクト建設承認を発表

2024年1月11日、福建省発展和改革委員会は「国家洋上風力研究試験基地である長楽沖合のゾーンDおよびEにおける洋上風力発電実験プロジェクトの承認」を発表し、プロジェクト建設に同意したという。

明らかにされた事業内容によると、設置が計画されている洋上風力タービンは20基。出力は4種類で16MW級を2基、18MW級を3基、20MW級を10基、25MW級を5基という内訳になっている。どれも現状では世界最大クラスの洋上風力タービンとなっていますが、最も驚くべき点は25MW級の設置が計画されているということ。

設置が計画されている洋上風力タービン
  • 16MW級:2基
  • 18MW級:3基
  • 20MW級:10基
  • 25MW級:5基
スポンサーリンク

現時点で世界最大出力は20MW、開発段階で22MW

出力25MWの洋上風力タービン設置を計画していますが現段階ではこの世に存在しておらず、今後開発が進められていくという状況。ですが、ある程度開発の目途は立っていると考えると、やっぱり驚くべき事態。

2023年12月に中国の風力タービンメーカー明陽智能(MINGYANG SMART ENERGY)が出力18~20MWの「MySE 18.X-20MW」を発表し、現時点では世界最大出力となっています。そして、2023年10月にはさらに巨大な出力22MWの洋上風力タービン「MySE 22MW」の開発を明らかにしており、2024年から2025年の間に開発がおこなわれる予定で、そのローター直径は310m以上になるという。

25MWの洋上風力タービンとなるとさらに開発がもう1段階上のステージに上がっていなければならない。今回の「長楽沖合ゾーンDおよびEにおける洋上風力発電実験プロジェクト」は承認から2年以内の着工もしくは最長1年の着工延期が条件として謳われているので、2027年初頭にはプロジェクト着工というタイムスケジュールを考えると開発期間に余裕は無さそう。

スポンサーリンク

プロジェクト総投資額は495億円

プロジェクトの総投資額は24.5億元、日本円に換算すると495億円(1元=20.2円として換算)。中国の福建省福州市平潭島北東部の海域に建設する予定。

事業をおこなうのは、5つの企業で構成される福建華億新能源科技有限公司(福建华亿新能源科技有限公司)。

構成企業出資割合
華電新能源集団股份有限公司47%
福建省億力集団有限公司38%
中国電力科学研究院有限公司8%
中国電建集団福建省電力勘測設計院有限公司4%
福州城市産業投資集団有限公司3%
福建華億新能源科技有限公司の構成企業と出資割合
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました