ジョーンズ法

洋上風力発電

2026年に稼働予定 ジョーンズ法に準拠した洋上風力設置船

アメリカのジョーンズ法に準拠したSEP式の洋上風力設置船の建造構想が発表されました。これまでにもいくつかのジョーンズ法に準拠した設置船がある中で、驚くような斬新さは無いようです。
洋上風力発電

ジョーンズ法対策で使用される予定の洋上風車設置船

アメリカのジョーンズ法対策としてSEP起重機船で風車資材の港内荷役を行わない方法で洋上風車の設置を行うという手法。
洋上風力発電

アメリカで開発が進む新発想のモノパイル設置船

中国を除いて、世界的に洋上風車大型化に伴う設置船不足に陥る問題。アメリカでは、設置船不足というボトルネックに加えてジョーンズ法という障害。新たなモノパイル設置船は、ボトルネックを解決するものになるのでしょうか?
洋上風力発電

中国が洋上風力発電容量で世界一に

WFOが2022年2月17日に発表したレポートによると、中国の洋上風力発電容量がイギリスを抜いて世界1位になったそうです。2021年末時点で洋上風力発電容量の世界第1位は中国で19.7GW、第2位はイギリス 12.3GW、第3位はドイツ 7.7GW
着床式

米国初の大規模洋上風力発電所に世界最大風車62基設置

Vineyard Wind 1 project Vineyard Wind 1 project はアメリカ初の商業ベースでの大規模洋上風力発電所。 2023年に電力供給を開始する予定。 発電容量は13MW×62基=806...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました