☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

Haliade-Xを台船運搬、ジョーンズ法のもとタービン設置開始

Haliade-Xを台船運搬、ジョーンズ法のもとタービン設置開始 洋上風力発電
スポンサーリンク

ジョーンズ法のもと「Vineyard Wind 1」で風力タービン設置開始

Vineyard Windの掲載記事【2023年9月6日掲載】

Vineyard Wind’s First Turbine Departs New Bedford Marine Commerce Terminal

(Vineyard Wind の最初のタービンが新しいベッドフォード海洋商業ターミナルを出発)

https://www.vineyardwind.com/press-releases/2023/9/6/vineyard-winds-first-turbine-departs-new-bedford-marine-commerce-terminal

いよいよアメリカの洋上風力発電所で注目の風力タービン設置が始まるようです。基礎部分のモノパイル設置とは異なり、ジョーンズ法で規制される風力タービン設置作業ではアメリカ国内の港において国外建造のSEP起重機船による部材の積み込みが出来ないという制限がある。なので、今回「Vineyard Wind 1」で採用されている手順ように、港から設置場所まで風力タービン部材を運搬するためジョーンズ法に準拠した船舶を使用しなければならない。

現在、アメリカ国内では初めて洋上風力向けとなるジョーンズ法に準拠した2,200トン吊りSEP起重機船「Charybdis」を建造しています。ですが、2023年第4四半期に完成予定となっており、まだ完成していない。

ジョーンズ法(Jones Act)とは?

 ジョーンズ法(Jones Act)は、米国内の地点間における物品輸送を行う船舶を限定している法律で、以下の要件を満たさなければならない。

  • 米国船籍
  • 米国人配乗
  • 米国人所有
  • 米国建造

国内輸送(内航)を自国籍船に留保するカボタージュ(Cabotage)制度は国際慣行として日本を含む多くの国で実施されていますが「米国建造」要件は他国には無く、大きな障壁となっている。

スポンサーリンク

GEの「Haliade-X」を台船に積んで運搬

GEの「Haliade-X」を積んだ運搬台船がマサチューセッツ州のニューベッドフォードを出港。「Vineyard Wind 1」の風力タービン設置エリアで待つSEP起重機船「SEA INSTALLER」までの曳航距離はおよそ90km(約50海里)。

「Vineyard Wind 1」の掲載記事によると、風力タービン部材運搬のために2隻の台船「MARMAC 400」と「Foss Prevailing Wind」を段取りしているという。運搬台船の全長は2隻とも400フィート(約122m)。長さ321フィート(約98m)のブレードを搭載できる台船は、この2隻だけしかいないという説明がされており、ジョーンズ法に準拠した台船で近隣から調達可能な台船に限定した上でという意味かもしれない。

台船に積まれている「Haliade-X」は1基分。タワーは中段と下段を連結し、上段は別になっており2分割された状態。さすがに1本にするのは無理だったようです。それにしても、台船上がタービン部材でパンパンのように見えるので、SEP船で吊り取る作業がかなり心配。

1隻目の運搬台船は「MARMAC 400」

GE Renewable Energy がLinkedInに投稿した運搬台船がニューベッドフォードを出港する動画で船名を確認すると、1隻目の運搬台船は「MARMAC 400」。船首側で主曳船として台船を曳航するボートは全長約40mの「NICOLE FOSS」。

船名MARMAC 400
総トン数5,781トン
長さ121.92m
30.40m
深さ6.10m
喫水4.34m(満船時)
0.99m(空船時)
甲板強度22トン/m2
積載重量11,453トン(最大)
1隻目の運搬台船
ニューベッドフォードを出港する運搬台船「MARMAC 400」
出典:LinkedIn | GE Renewable Energy
スポンサーリンク

運搬台船は「Vineyard Wind 1」まで約50海里を曳航

主曳船「NICOLE FOSS」のAIS情報を確認すると、2023年9月6日12時頃(現地時間)ニューベッドフォードを出港し、5~6ノットという速力で50海里の距離を曳航。9月6日から7日にかけての深夜には、SEP起重機船「SEA INSTALLER」付近へ到着しているとみられる。

スポンサーリンク

台船には Barge Master の動作補償プラットフォームを搭載

名称BM-T700
ペイロード容量700トン
作業条件波高 0~2.5m
周期 4~18秒
基礎部分の形状18.3×15.1m
プラットフォーム
作業エリア
12×12m
重量270トン
出典:Barge Master

運搬台船には Barge Master の動作補償プラットフォームが搭載されている。波高2.5m以下、周期18秒以下という作業条件下でプラットフォーム上に置かれた部材の揺れを低減するというもの。どのような状態で搭載されているのか気になりますが、今回の画像だけではよく分かりません。

運搬された部材を吊り取るSEP起重機船「SEA INSTALLER」側にも対策が取られている。クレーンのフックに吊り下げて吊荷の揺れを低減する洋上リフティングデバイス「Heave Chief 1100」を使用する予定。「Heave Chief 1100」は、Seaqualize が開発したもので DEME Offshore US が使用契約をおこなっている。最大吊り上げ重量は1,100トン。

Heave Chief 1100
出典:SEAQUALIZE

どちらも波による揺れを低減するための対策。実際に効果があるのか微妙な気もするので、動作状況を動画で見てみたい。どれだけ波の揺れ対策しても、DPS非搭載の全長120m以上ある巨大な台船を定点保持する方が重要な気がするけどね。

台船上は風力タービンの部材でパンパン、1台船に1基分。数回は無事でしょうけど、62基分あるので62回も台船からSEP船への部材吊り取りをやると考えると無事では済まない気がしてしまう。

「Vineyard Wind 1」の概要
  • 設置位置:マサチューセッツ州 マーサズ・ヴィンヤード島沖15マイル
  • 発電容量:800MW
  • 風力タービン:GE Haliade-X 13MW、62基
  • 風車基礎:着床式、モノパイル
  • 運転開始予定:2023年
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。