☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

世界最大のSEP起重機船「Voltaire」間もなく完成

世界最大のSEP起重機船「Voltaire」間もなく完成 起重機船、クレーン船

 中国で建造されている3,000トン吊りのクレーンを搭載したSEP起重機船「Voltaire」の完成が近づいている。完成すると世界最大となる。

スポンサーリンク

世界最大のSEP起重機船「Voltaire」

ジャッキアップテストを行うSEP起重機船「Voltaire」
出典:Jan De Nul Group

 中国の江蘇省 南通市にあるCOSCO Shipping(中国遠洋海運集団有限公司)で建造中の3,000トン吊りSEP起重機船「Voltaire」。2022年7月末から完成に向けた最終段階のSEA TRIAL(海上公試)が行われている。

 SEA TRIAL(海上公試)では、船体設備の各種性能試験が行われているようです。その中で、レグを使用した船体のジャッキアップテストが行われている場所は、建造場所の江蘇省 南通市から北へ640km離れた 山東省 威海市 環翠区。

建造場所とジャッキアップテストが行われている場所

 所有会社のJan De Nulはベルギーの企業で、建造中の3,000トン吊りを含む2隻のSEP起重機船、大型のクレーン船、ケーブル設置船や多数の浚渫船を保有している。

 Jan De Nulは、SEP起重機船「Voltaire」とは別に、同じ中国の江蘇省 南通市にあるCMHI Haimen shipyardで5,000トン吊り自航式クレーン船「Les Alizés」も建造しており、こちらの完成予定も2022年後半なので間もなく完成する。

Jan De NulのSNS

SEP起重機船「Voltaire」の現在地

 AISの船名は「Voltaire」ではなく「ZHONGYUANHAIYUN966」という名前になっています。

 「Voltaire」の現在地は、ジャッキアップテストが行われている 山東省 威海市 環翠区。

SEP起重機船「Voltaire」のAIS情報

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました