☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

自航式5,000トン吊りクレーン船「中天39」海上公試完了

自航式5,000トン吊りクレーン船「中天39」海上公試完了 起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

自航式5,000トン吊りクレーン船「中天39」海上公試完了

2024年1月20日、上海振華重工(ZPMC)が立洋海工向けに建造している自航式5,000トン吊りクレーン船「中天39」(Zhong Tian 39)の6日間に及ぶ海上公試(SEA TRIAL)が完了し、完成・引き渡しに向けて最終段階に入りました。

AIS情報によると、自航式クレーン船「中天39」の海上公試は1月15日にスタート。江蘇省啓東市の桟橋を出港して東シナ海で各種試運転や性能確認がおこなわれ、1月20日に帰港。

クレーン船「中天39」は2022年11月に建造を開始、2023年10月末に進水。2024年2月に完成・引き渡し予定。昨年10月末に進水がおこなわれた時点では2024年2月の引き渡しは工程的に厳しいかなと思っていましたが、順調にいけば予定通りの完成になりそうです。

スポンサーリンク

自航式5,000トン吊りクレーン船「中天39」の概要

クレーン船「中天39」は、長さ215m、幅51.8m、深さ19m、最大喫水14m。固定吊りで最大5,000トン、旋回で3,500吊りのクレーンを搭載し、自航式で設計速力は9ノット。3,000kWのアジマススラスター×3基、3,000kWのトンネルスラスター×3基が備えられ、DP1の自動船位保持装置を搭載。

完成後は、主に洋上風力建設プロジェクトでの作業が想定されている。なかでもモノパイルやジャケットなど15MW以上の風力タービン基礎や洋上変電所の設置が期待されているそうです。

船名中天39
クレーン能力固定:5,000トン
旋回:3,500トン
揚程甲板上120m
長さ215m
51.8m
深さ19m
甲板スペース4,000m2
甲板強度15トン/m2
設計速力9ノット
DPSDP1
 自航式5,000トン吊りクレーン船「中天39」
出典:龙船风电网
スポンサーリンク

クレーン船「中天39」に関する記事

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました