☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

フロートオーバーによる重量14,000トンのトップサイド設置

フロートオーバーによる重量14,000トンのトップサイド設置 石油プラットフォーム
スポンサーリンク

フロートオーバーによる重量14,000トンのトップサイド設置

Boskalisは、マレーシアのボルネオ島サラワク州沖でJerun-Aプラットフォームのトップサイド設置が完了したことを発表しました。

重量14,000トンのトップサイド設置作業は、クレーン船を使用しないフロートオーバーという方法で施工。

MMHB West Yardでのトップサイド積込

トップサイドの製造は、マレー半島南部のジョホールにあるMMHB(Malaysia Marine and Heavy Engineering Holdings Berhad)West Yardでおこなわれ、スキッドウェイ(skidway)と呼ばれるレールの上をストランドジャッキで引っ張って滑らせるように移動させて、輸送するBoskalisの半潜水式重量物運搬船「Forte」に積み込み。

トップサイド設置

現地でのトップサイド設置作業では、半潜水式重量物運搬船「Forte」に搭載されているDPS(Dynamic Positioning System:自動船位保持装置)による制御下で施工を実施。船体位置および進入コースを高い精度で制御した状態で搭載位置へ移動し、自船をバラスト調整で降下させて設置完了。

位置図

設置がおこなわれたJerunガス田は、SapuraOMV(40.0%)、Sarawak Shell Berhad(30.0%)、Petronas Carigali(30.0%)が出資・所有者でSapuraOMVがオペレーターとして開発が進められています。

基礎ジャケットは11,200トン

気になったのでトップサイドを支える基礎ジャケットの方についても調べてみました。

2023年6月10日におこなわれたジャケットの積み込み作業。重量はトップサイドよりも少し軽い11,200トン。

ジャケットを輸送台船に積み込むスキッドロードアウトにはSarensの機器が使われたそうです。使用されたのは588トンのストランドジャッキ8台、800トンのストランドジャッキ4台、水中ポンプ44台など。

ジャケットはトップサイドのようにフロートオーバーで設置という訳にはいかないので、スライド進水させた後にクレーン船で設置がおこなわれました。使用されている台船は、Heerema Marine Contractorsの「H-542」。

船名H-542
載貨重量トン41,177トン
最大進水重量20,500トン
長さ165m
42m
深さ10.7m
輸送台船「H-542」
出典:SapuraOMV Upstream (Sarawak) Inc.

半潜水式重量物運搬船「Forte」

船名Forte
総トン数36,653トン
載貨重量トン48,312トン
長さ216.75m
43m
深さ13m
最大甲板深度13m
DPSDP-2
船籍マルタ
建造年2012年
スポンサーリンク

【類似】フロートオーバーによる11,500トンのトップサイド設置

半潜水式重量物運搬船「Forte」は、数年前にもボルネオ島沖でBokor fieldのトップサイド設置を今回と同様にフロートオーバーでおこなった実績があるそうです。この時のトップサイド重量は、11,500トン。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。