☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

アジア最大の石油プラットフォーム「海基1号」設置完了

石油プラットフォーム
スポンサーリンク

「海基1号」設置完了

高さ302mの巨大ジャケット運搬(重量30,000トン)

 2022年5月25日、中国 香港の南東200km、南シナ海で建造されていた石油・ガスプラットフォーム「海基1号」の設置が完了したそうです。

 2022年内には稼働する予定。稼働が本格的に始まると、ピーク時の原油生産量は日産6500トンに達する見込み。

5月25日、深センの南東200KM以上、水深約284メートルの珠江河口盆地海域で、EPCI(設計、調達、建設、設置)の一般契約を担当するオフショア石油プロジェクトが、アジア初の深海導管プラットフォームである“海基一号”プラットフォームの海上設置を完了したと知らされた。 総重量は約40,000トンで、我が国オフショアモノマー原油生産プラットフォームの重量記録を更新しました。

“海基一号”プラットフォームの海上設置は完了しました (shipoe.com)
 「海基1号」基礎部分のジャケット製作完成時の過去記事

アジア最大の石油プラットフォーム

 「海基1号」は掘削・生産・生活を一体化した多機能採掘プラットフォーム。設置されている海域の水深は284m。プラットフォームの全高は340m重量40,000トン

 下部構造のジャケットだけでも高さ302m、重量30,000トン。

高さ302mのジャケットを横に倒した状態で運搬、重量30,000トン

高さ302mのジャケット設置

 横に倒した状態で運搬台船に搭載された高さ302mのジャケット重量は30,000トン。気中で吊り上げることは出来ないので、台船を傾けてスライドイン方式で海に投入。その後、起重機船で建て起こして所定の位置に設置という流れ。

台船を傾けてジャケットを海に投入
曳航されるジャケット、後ろにいる起重機船は「海洋石油201」(4,000トン吊り)
7,500トン吊りLan Jing(蓝鲸)によるジャケット設置

トップサイド設置

 上部のトップサイドは2つのブロックに分かれおり、重量は3,300トン。

トップサイド1ブロック設置完了
2ブロック目のトップサイド設置
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。