2022-08

宇宙、自然、歴史

有人潜水艇により小笠原海溝の最深部到達、日本記録更新

2022年8月13日、日本人が乗る有人潜水艇が小笠原海溝の最深部、水深9,801メートルに到達。60年ぶりに日本人としての最深記録を更新。
事件・事故

バルト海で299人が乗ったフェリーで火災発生、一時漂流

乗員乗客299人を乗せてバルト海を航行中のフェリー「STENA SCANDICA」で火災が発生。一時、機関が停止したことで漂流したがその後、復旧し自力航行で帰港中。ヘリなどで避難した乗客はいるものの、負傷者の情報はない。
起重機船、クレーン船

RambizとGulliverによる原発取水口・放水口の設置完了

イギリスで建設中の原子力発電所ヒンクリー・ポイントCでRambizとGulliverによるコンクリート製の取水口4基、放水口2基の設置が完了。総重量は25,000トン。最大重量は1基あたり5,000トン。
スポンサーリンク
国内ニュース

台風11号発生 9月に入ると猛烈な台風に発達する恐れ

2022年8月28日に発生した台風11号(ヒンナムノー)。数日間は発達しながら西進する予報ですが、沖縄付近で一時停滞した後、北上を始めると九州へ上陸し日本海へ抜ける予報が出ています。今後の動向に警戒が必要。
洋上風力発電

五洋建設とケイライン・ウインド・サービスが船舶管理等に関する協業を発表

五洋建設とケイライン・ウインド・サービスが洋上風力の建設・保守分野における船舶管理等に関する協業について覚書を締結。
船舶

中国で8万トン級の半潜水式運搬船「華瑞龍」が完成

2022年8月27日、中国の江蘇省にあるCMHIで8万トン級の半潜水式運搬船「華瑞龍」が完成し、広州サルベージに引き渡しが行われた。
起重機船-世界

Goldwindが1,600トン吊りSEP起重機船の建造を開始

Goldwindは、新疆ウイグル自治区に本社を置く中国の風力タービンメーカー。風車を製造する企業がSEP起重機船を建造。なかなか大変そうですけど、すごい決断。建造費用は約300億円。
洋上風力発電

デンマークでVestasの巨大な15MW洋上風車のナセルが完成

VestasがV236-15.0 MW洋上風力タービンのプロトタイプナセルを完成させた。プロトタイプは、デンマーク北部にあるウスタイル(Østerild)試験場で年内に設置される予定。
洋上風力発電

DolWin kappa offshore platformの設置開始

ドイツ沖合の北海でDolWin kappa offshore platformの設置が開始されたようです。設置を行うのはAllseasが所有する「Pioneering Spirit」。ジャケット設置、杭打設、トップサイド設置の作業を行う予定
暇つぶし用

思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。とは言いながら、たいしたものは無いので気軽な気持ちで見てね。
起重機船-世界

世界で7番目に大きなクレーン船「Hermod」は廃船になっていた

知ってる方はご存知かと思いますが、オランダのHeerema Marine Contractorsが所有する8,100トン吊り半潜水式起重機船「Hermod」は廃船になり、2018年11月に中国の浙江省 舟山市で解体されました。
起重機船-世界

世界最大のSEP起重機船「Voltaire」間もなく完成

中国で建造されている3,000トン吊りのクレーンを搭載したSEP起重機船「Voltaire」の完成が近づいている。完成すると世界最大となる。
事件・事故

ベトナムでコンテナ船がガントリークレーンに衝突

ベトナム北部にあるハイフォン港でコンテナ船「TIGER MAANSHAN」がガントリークレーンに衝突する事故が起きた。衝突時の速度がゆっくりだったことが幸いして、ガントリークレーンの倒壊という最悪の事態は免れたが、深刻な被害が出ているようです。
着床式

ベトナムで建設中のカマウ洋上風力発電所で5MWタービン設置開始

2021年末時点の洋上風力発電容量で日本を上回るベトナムで5MW風車の設置が開始。設置にはヨーロッパや中国で見られるSEP起重機船はいません。モノパイルを打設するわけではなく、群杭に支保工を組んで上部工を打設したドルフィンの上に風車を組み立てるという方法。
事件・事故

大阪・関西万博のスペシャルサポーター「ポリマ号」がインドで火災、漂流

2025年に大阪の夢洲で開催される大阪・関西万博のスペシャルサポーター「ポリマ号」がインドで火災、漂流という事故に見舞われ、乗組員がインド沿岸警備隊のヘリに救助されるという事態に陥っている。
起重機船、クレーン船

台湾で「GREEN JADE」クレーン設置を終えた「海翔」が帰国へ

台湾で建造中の4,000トン吊り自航式クレーン船「GREEN JADE」のメインクレーン設置という大役を果たした「海翔」が帰国への準備を進めている。帰国方法は往路と同様「INNOVATION WAY」に載せた状態になるようです。
着床式

ドイツで2023年4月から打設予定の1,421トンのモノパイル

ドイツのロストックにあるEEW SPCで製作されている1,421トンのモノパイル。「BALTIC EAGLE OFFSHORE WIND FARM」の洋上風車基礎として使用される予定。打設するのはVan Oordの「Svanen」。
着床式

フランスのFécamp洋上風力発電所で「Orion」による洋上変電設備設置

先日、世界最大のクレーン船「Sleipnir」による重力式の風車基礎設置が始まったところですが、並行して洋上変電設備の設置も行われているようです。作業を行うクレーン船は5,000トン吊り「Orion」。
事件・事故

ブラジルでオープン前の水上ナイトクラブが漂流

ブラジルのサンタカタリーナで来月オープンを予定していた水上ナイトクラブの台船が発達した低気圧の影響で沖に流され、壊滅。幸いなことに事故当時、フロート上は無人で負傷者はいない。
事件・事故

クルーズ船「RICHARD WITH」がノルウェーで座礁

2022年8月5日、ノルウェーのソグネ・フィヨルド河口付近でクルーズ船「RICHARD WITH」が座礁するという事故が発生。乗船者67人にケガはなく、座礁したクルーズ船も潮が満ちた時に自力で離礁することに成功。
起重機船、クレーン船

RambizとGulliverによる重量5,000トンの原発取水口設置

イギリス、サマセットのブリッジウォーターにあるヒンクリー・ポイント原子力発電所で建設中のヒンクリー・ポイントCで取水口の設置が行われた。設置を行ったのは、「Gulliver」と「RAMBIZ」2隻による相吊り。重量は最大で5,000トン。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました