☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

「BLUE WIND」施工の「入善洋上風力発電所」運転開始

「BLUE WIND」施工の「入善洋上風力発電所」運転開始洋上風力発電
スポンサーリンク

「入善洋上風力発電所」運転開始

2023年10月17日、富山県入善町沖で建設が進められていた入善洋上風力発電所が完成し、竣工式がおこなわれました。事業を手がけるのは、ウェンティ・ジャパン、JFEエンジニアリング、北陸電力の3社が出資・参画する入善マリンウィンド合同会社。

発表されたプレスリリースによると、入善洋上風力発電所が運転を開始したのは2023年9月22日。富山県下新川郡入善町沖に出力3MWの風力タービン3基を設置。出力制御により最大出力7,495kWとして運用し、発電した電力はすべて再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)を活用して売電。

2022年10月より建設工事をスタートし、海上工事については2023年3月に開始。当初予定では8月末に竣工、9月1日の運転開始を目指していましたが、風が弱い時期があったなどの理由から検査や手続きに時間を要し、運転開始は9月22日に遅れたという。

スポンサーリンク

清水建設のSEP船「BLUE WIND」による施工

洋上風力発電所のメイン設備となる風力タービン及びモノパイルなどの基礎部材設置をおこなったのは、清水建設が巨額を投じて建造した2,500トン吊りSEP船「BLUE WIND」。2022年10月に完成したSEP船「BLUE WIND」にとって入善洋上風力発電所が記念すべき初施工の現場でした。

SEP船「BLUE WIND」は関門海峡を通航できないため、九州南側をまわるルートで回航

SEP起重機船「BLUE WIND」呉-七尾 間の航行経路

SEP船「BLUE WIND」は、広島県の呉から入善洋上風力で拠点港にしていた石川県の七尾港まで回航する時、自船に搭載している長さ90mのレグが関門海峡に架かる関門橋(桁下61m)の桁下制限をクリアしていないため通航できないことから、大きく遠回りとなる九州南側を通るルートで回航しました。

巨大油圧ハンマー「S-2000」によるモノパイル打設

SEP起重機船「BLUE WIND」の油圧ハンマー「S-2000」によるモノパイル打設
出典:IQIP

3MW風力タービンの基礎となるモノパイルは、オランダのメーカー IQIP の油圧ハンマー「S-2000」を使用して打設。油圧ハンマー「S-2000」の他にもモノパイル建て起こしや位置決めをおこなう様々なIQIP製品を使用して施工がおこなわれました。

スポンサーリンク

風力タービン、モノパイルなどの基礎部材は中国製

天津港で運搬船に積まれた風力タービン部材
出典:Mingyang Smart Energy
モノパイルなど積んだ運搬船「DONGBANG GIANT NO 3」
出典:南通润邦海洋工程装备有限公司

風力タービン及びモノパイルなどの基礎部材は中国製。

風力タービンは、中国のタービンメーカー明陽智能(MingYang Smart Energy)が製造した出力3MWの「MySE3.0-135」。モノパイルと補助コンポーネントなど風力タービン基礎部材は、中国の南通润邦海洋工程装备有限公司(ROC,Nantong Rainbow Offshore & Engineering Equipments Co., Ltd.)が製造。

入善洋上風力発電所に関する記事

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました