☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

笠岡沖のコゴチ島に全長72mの貨物船「第二十一大盛丸」座礁

岡山県笠岡沖のコゴチ島に全長72mの貨物船「第二十一大盛丸」座礁 事件・事故
スポンサーリンク

笠岡沖のコゴチ島に全長72mの貨物船「第二十一大盛丸」座礁

 2023年6月7日午前1時頃、岡山県笠岡市の瀬戸内海に位置するコゴチ島で貨物船「第二十一大盛丸」が座礁する事故が発生。事故当時、貨物船「第二十一大盛丸」は兵庫県高砂市から広島県呉市へ向けて航行していた。狭い水道で対向してきた船と距離をとるために舵を切ったところ、コゴチ島に寄り過ぎて座礁したという。

 画像を見るとCGで作られた合成画像かと疑うレベルの豪快な座礁で、船底の半分以上が露わになった状態で船が止まっている。事故が起きた6月7日は大潮ではないようですが座礁した午前1時頃はちょうど満潮時刻に近く、干潮時との潮位差は最大3m以上にもなる。画像が撮影された時刻は不明ですが、朝の干潮時間付近だとすると座礁時との潮位差は約2.3m。

 報道されている情報によると貨物船の乗組員5人にケガはなく、油の流出や船内への浸水も確認されていないという。

スポンサーリンク

6月8日午前2時頃 離礁に成功

船名第二十一大盛丸
総トン数499トン
長さ72.71m
12m
「第二十一大盛丸」の概要
タグボート「むろつ丸」「みさき丸」のAIS情報に貨物船「第二十一大盛丸」を追記

 座礁した貨物船の引き出しに向けてタグボートの手配が行われ、AIS情報によると「むろつ丸」と「みさき丸」が現場海域に到着。6月8日午前2時頃が満潮時刻となっており、それに合わせて座礁した貨物船の引き出しが行われました。8日午前2時15分に発表された第六管区海上保安本部の緊急情報よると貨物船「第二十一大盛丸」は無事に離礁し曳航されたという。

 余談ですが、笠岡と言えばお笑いコンビ「千鳥」の出身地としても知られていますが、大悟さんの出身地「北木島」は座礁事故が起きたコゴチ島から南へ約3kmという非常に近い場所にあります。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました