☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

洋上風力に関係する船の事故

洋上風力に関係する船の事故事件・事故

世界的にカーボンニュートラルの切り札とされる洋上風力発電。ヨーロッパを中心に導入が進み、近年では中国の急成長が目覚ましい。2012年末の時点では4.8GWだった世界の洋上風力発電容量は、直近の10年間でおそよ12倍に相当する57.6GWへと増加。今後も洋上風力発電所建設の勢いは世界的に継続することが予想される。

日本でも昨年末に商用規模としては国内初となる洋上風力発電所が運転を開始。再生可能エネルギーとして注目される洋上風力発電ですが、海上に建設することから船に関係する事故が起きます。

世界で起きた洋上風力に関係する事故について。

YouTube動画 洋上風力発電に関係する船の事故【Ship accidents involving offshore wind farms】

スポンサーリンク

風力タービンブレード落下

2021年10月、洋上風力発電所のメンテナンス中に発生した事故。

事故が起きたのはイングランド北西部のバロー=イン=ファーネスの海岸から10km沖合のアイリッシュ海に建設されたオーモンドウィンドファーム。2012年2月から運転を開始。5MWの風力タービン30基が設置されており事故当時、発電所ではSEP船「MPI ADVENTURE」による定期メンテナンスが行なわれていた。

3枚のブレードをハブに取り付けて、専用の吊り具で吊り上げた、次の瞬間。何らかの理由で吊具が外れて、ハブとブレード3枚(126トン)が水中に落下。

幸いなことに事故による負傷者は出ず、付近の海岸に漂着したブレードの破片や海底に落下したハブなどは、回収する作業が行なわれました。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました