SEP船「白鹤滩」による世界最大16MW風力タービン設置開始

SEP船「白鹤滩」による世界最大16MW風力タービン設置開始 洋上風力発電
スポンサーリンク

SEP船「白鹤滩」による世界最大16MW風力タービン設置開始

中国の「平潭外海洋上風力発電プロジェクト」で16MW風力タービンの設置が開始されました。洋上の風力タービンとしては世界最大の単機出力となる16MWの巨大風車を設置するのは、2022年9月に完成・引き渡しされ、2,000トン吊りクレーンを搭載したSEP起重機船「白鹤滩」(Bai He Tan)。

関連記事 SEP起重機船吊り上げ能力ランキング【世界TOP8】

タワー設置

16MW風力タービンのタワー設置作業

報道されている情報によると、ジャケット基礎へ風力タービンのタワー部材を設置していく作業を開始したのは、2023年6月24日。設置作業をおこなうSEP船「白鹤滩」は、ジャケット基礎正面でレグを下ろしジャッキアップした状態で待ち構え、運搬船によって運ばれてきたタワー部材を吊り取って設置していくという作業の手順。

さすがに洋上で地組したタワーを運搬船から吊り取るのはリスクが高いと踏んだのか、4分割された状態で現場に運搬されていました。

ナセル・ハブ設置

6月26日午前4時、ナセルが吊り上げられタワー上部への設置を開始。ナセルの重量は413トン。ハブ高さは152mで、ナセル設置時に必要な吊り上げ高さは162m以上になるという。重量的な事情だと思いますが、ナセル設置時はメインフックを使用しています。その影響もあり、ナセル設置時はクレーンの揚程がギリギリの状態になり、限界近くまでレグを下げて船体を上昇させているのが見て取れます。

SEP船「白鹤滩」建造時に公開されたスペックは、水面上からの揚程170mという事でしたが、大型化していく風力タービンの設置作業では、吊り上げ能力ではなく揚程が重要というのがよく分かりました。逆にタービン基礎の設置では、揚程ではなくクレーン能力が必要。

ちなみに、タワーとナセルを接続する連結ボルトは200本あるという。全数を締めるだけでも結構な時間がかかりそう。

ブレード設置

ブレードの設置が始まったのは、6月27日午前7時。長さ123mのブレードを高さ152mの位置でドッキングする作業は風力タービン設置の中で最も難易度の高い工程。無事に取り合いが終わった後のブレードとハブを連結するボルトの数は176本あるそうです。

6月28日午後にはブレード3枚の設置が完了する見込み。

スポンサーリンク

3交代制による24時間作業、作業員は113人

16MWの巨大風力タービン設置作業には多くの人が関わっているようで、ニュース記事によると113人の方が作業しているそうです。基本的には昼夜ぶっ通しで3交代制による24時間作業がおこなわれているという。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました