☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

SEP船「Wind Orca」のアップグレード作業開始

SEP船「Wind Orca」のアップグレード作業開始 起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

SEP船「Wind Orca」のアップグレード作業開始

SEP船「Wind Orca」の旋回体撤去(W=850トン)
出典:GustoMSC

CadelerのSEP船「Wind Orca」クレーンアップグレード作業が開始され、既設クレーンの旋回体(重量:850トン)を撤去する様子がGustoMSCによって公開されました。作業場所近くにあるGustoMSCの3階建て事務所越しに撮影された画像では、建物より高い位置で作業する様子が写っています。スゴイアングル。

CadelerのSEP船「Wind Orca」と「Wind Osprey」は、1,200トンから1,600トンへクレーン能力の増強が予定されており、クレーンの設計・製造を手掛けるのはGustoMSC。クレーンの交換作業は、それぞれ2023年第4四半期と2024年第1四半期に開始され、2024年3月までに完了する予定。

スポンサーリンク

レグの干渉を避けるため高い位置までジャッキアップ

SEP船「Wind Orca」のアップグレード作業開始
SEP起重機船アップグレード作業のイメージ
出典:GustoMSC
ロッテルダムに巨大な3,200トン吊りリングクレーン組立完了
最大3,200トン吊りのリングクレーン「PTC210-DS」
出典:YouTube | Mammoet

SEP船「Wind Orca」でおこなわれている既設クレーンの撤去作業では、ギリギリまでジャッキアップした状態で作業がおこなわれています。その理由は、LEC(Leg Encircling Crane)と呼ばれるレグの位置にクレーンが搭載されており、撤去や設置作業で吊荷とレグが干渉することを避けるため。

よく考えられた施工方法だと思いますが、実施する上で問題となるのは作業をおこなうクレーンの揚程。

この問題をクリアするために作業場所には、Mammoetの最大3,200トン吊りリングクレーン「PTC210-DS」を設置。とんでもないビッグプロジェクト。SEP船アップグレードに伴うクレーンの交換作業やレグ延長などは今後も需要がありそうなので、もしかすると今回だけのためではなく今後の作業も想定されているのかもしれません。

スポンサーリンク

運搬船「Happy Sky」は2基目のクレーンを運ぶため韓国へ

アップグレードで載せ替える新設クレーンは、2023年9月に重量物運搬船「Happy Sky」によって製造場所の韓国からオランダへ運ばれており、1基目は既に到着しています。その後、運搬船「Happy Sky」は現在オランダから韓国へトンボ帰りしている最中で、韓国に到着すると2基目の新設クレーン部材を積んで再度オランダへ運搬する予定になっているという。

 重量物運搬船「Happy Sky」の概要

船名Happy Sky
総トン数15,989トン
載貨重量トン17,775トン
長さ154.8m
26.5m
搭載クレーン900トン×2基
重量物運搬船「Happy Sky」
出典:Biglift Shipping

 GustoMSCのプロジェクトを紹介する特設ページ

CadelerのSEP船「Wind Orca」と「Wind Osprey」のクレーンアップグレードプロジェクトについて、これまでの作業の様子や更新情報などを紹介する特設ページがGustoMSCによって開設されています。

リンク先 GustoMSC | Cadeler crane replacement project

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました