☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

CadelerのSEP船2隻の改造をSemco Maritimeが契約

CadelerのSEP船2隻の改造をSemco Maritimeが契約 起重機船、クレーン船

 CadelerのO-class SEP起重機船2隻をアップグレードする改造に関してSemco Maritimeが契約を行ったことを発表。交換するクレーンを含む部材などの製作は2023年初頭に開始され、2023年後半から設置作業が行われる予定。

スポンサーリンク

CadelerのSEP船2隻の改造をSemco Maritimeが契約

アップグレードを行う2隻のO-class SEP起重機船の1隻「Wind Osprey」
出典:Semco Maritime

 2023年1月23日、CADELERが保有する2隻のSEP起重機船「Wind Orca」、「Wind Osprey」のメインクレーン容量アップグレードに関して、Semco Maritimeが契約を行ったことを発表。アップグレードの内容は、現在搭載されている1,200トン吊りのクレーンを1,600トン吊りに増強し、甲板上からの揚程を132mから160mへ増加するというもの。

2020年に行われた「Pacific Osprey」のアップグレード
出典:Semco Maritime

 Semco Maritimeは、2020年にも今回アップグレードを行う2隻のSEP船に新しいクレーンブームを設置している。

 当時、CADELERはSwire Blue Oceanという社名で、SEP船2隻も「Pacific Orca」「Pacific Osprey」という船名でした。2020年のアップグレードは、揚程を増加させる目的で新しいクレーンブームの設置を行い、甲板上の最大揚程が97mから132mへ増加した。

 Semco Maritimeが契約した作業範囲には、クレーンのアップグレードに関連して新しいブームレストの製造と設置、クレーン台座の補強などが含まれている。

 クレーンを含む部材などの製作は2023年初頭に開始され、2023年後半から設置作業が行われる予定。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました