CadelerのSEP船2隻の改造をSemco Maritimeが契約

CadelerのSEP船2隻の改造をSemco Maritimeが契約起重機船-世界

 CadelerのO-class SEP起重機船2隻をアップグレードする改造に関してSemco Maritimeが契約を行ったことを発表。交換するクレーンを含む部材などの製作は2023年初頭に開始され、2023年後半から設置作業が行われる予定。

スポンサーリンク

CadelerのSEP船2隻の改造をSemco Maritimeが契約

アップグレードを行う2隻のO-class SEP起重機船の1隻「Wind Osprey」
出典:Semco Maritime

 2023年1月23日、CADELERが保有する2隻のSEP起重機船「Wind Orca」、「Wind Osprey」のメインクレーン容量アップグレードに関して、Semco Maritimeが契約を行ったことを発表。アップグレードの内容は、現在搭載されている1,200トン吊りのクレーンを1,600トン吊りに増強し、甲板上からの揚程を132mから160mへ増加するというもの。

2020年に行われた「Pacific Osprey」のアップグレード
出典:Semco Maritime

 Semco Maritimeは、2020年にも今回アップグレードを行う2隻のSEP船に新しいクレーンブームを設置している。

 当時、CADELERはSwire Blue Oceanという社名で、SEP船2隻も「Pacific Orca」「Pacific Osprey」という船名でした。2020年のアップグレードは、揚程を増加させる目的で新しいクレーンブームの設置を行い、甲板上の最大揚程が97mから132mへ増加した。

 Semco Maritimeが契約した作業範囲には、クレーンのアップグレードに関連して新しいブームレストの製造と設置、クレーン台座の補強などが含まれている。

 クレーンを含む部材などの製作は2023年初頭に開始され、2023年後半から設置作業が行われる予定。

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。

タイトルとURLをコピーしました