中国の600トン吊りSEP船「华电稳强」アップグレード

中国の600トン吊りSEP船「华电稳强」アップグレード 起重機船、クレーン船

 中国の600トン吊りSEP起重機船「华电稳强」のアップグレード。内容はクレーンの吊り上げ能力を増強させるものではなく、クレーンの台座を高くするというもの。中国のSEP船では過去にも同様のアップグレード事例があり、目的は揚程を確保するためだと思われる。

スポンサーリンク

中国の600トン吊りSEP船「华电稳强」アップグレード

 中国で600トン吊りSEP起重機船「华电稳强」(FUA DIAN WEN QIANG)のアップグレードが行われているようです。

 2019年に建造された「华电稳强」には600トン吊りのメインクレーンと100トン吊りの補助クレーンが搭載されていますが、主なアップグレードはそれぞれのクレーンが設置されている台座を嵩上げするというもの。2月5日に傾斜試験が行われ、2月7日にそれぞれのクレーン検査を実施、2月18日に完成予定。

 中国のニュース記事では、クレーンのAフレームやブーム、ジブレストなどもアップグレードしているとのことですが、画像ではどのような改造が行われたのかは分かりません。クレーン台座が嵩上げされた方の画像では主巻・起伏ワイヤーが無いのでワイヤーリービング前の段階と思われる。

 隣で係留されている1,380トン吊りクレーン船「宇航起重28」(YU HANG QI ZHONG 28)が設置作業で使用されたのかもしれません。

スポンサーリンク

過去に実施された同様のアップグレード

 以前の記事でも紹介しましたが、2022年10月にアップグレードが行われた1,200トン吊りSEP起重機船「港航平9」(GANG HANG PING 9)。クレーン台座の嵩上げにより揚程は110mから132mへ増加。

 改めて見てもやり過ぎな感じが凄い。フェイク画像と言われれば普通に納得してしまうレベル。これに比べると今回のアップグレードはかわいいもんですね。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました