ニューカッスル港は5GWの洋上風力事業に対応するという調査結果

ニューカッスル港は5GWの洋上風力事業に対応するという調査結果 洋上風力発電
スポンサーリンク

ニューカッスル港は5GWの洋上風力事業に対応するという調査結果

Googleマップ航空写真のニューカッスル港
出典:Port of Newcastle

オーストラリアのPort of Newcastle(PON)は、浮体式洋上風力発電技術を利用する業界のニーズ促進に向けて港湾要件を委託調査した結果、必要な投資があれば「Hunter offshore wind zone」およびオーストラリア全土における浮体式洋上風力プロジェクト開発ですべての段階に対応できることが示されたと発表。

大きな水深の航路や利用可能な開発エリア、橋梁インフラ不在などを考慮すると浮体式洋上風力の展開をサポートする上で、PONは最有力候補になるという。ニューサウスウェールズ州港湾局が管轄するPONは、浮体式洋上風力発電開発をおこなう上でマーシャリング、組立、ステージング、運営、メンテナンスなどのさまざまな機能において物理的特性を備えていることが示された。

この戦略的開発は、オーストラリアの浮体式洋上風力発電プロジェクトの中心拠点として確立するだけでなく、港が地理的に好条件なことから戦略的に浮体式と着床式の両方について製造業者を誘致する可能性もあると述べている。 PONからニューサウスウェールズ州、ニュージーランド、ビクトリア州の風力開発ゾーンへは、タスマニア島との間にあるバス海峡を経由してわずか2日間の海上輸送で到着する。

スポンサーリンク

Hunter offshore wind zone

「Hunter offshore wind zone」は、2023年7月12日に気候変動・エネルギー大臣によってニューサウスウェールズ州ハンター沖の太平洋地域が洋上風力を含む洋上再生可能エネルギーに適していると宣言された。オーストラリア連邦水域で洋上風力発電開発のために特定された6つの優先地域のうちの1つ。

洋上再生可能エネルギーの開発エリアとして選定された要因として、安定して強い風が吹くこと以外にも人口密集地や重工業などの電力需要高い地域に近く、強力な送電網への接続が可能な点が挙げられている。そして、Port of Newcastleという開発をサポートする上で好条件の港湾が存在することも重要な要因。

「Hunter offshore wind zone」の概要
  • 2023年7月12日に宣言
  • エリア面積は1,854km2
  • 発電可能量:5.2GW
  • インフラ高さは260mに制限
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました