☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

秋田、新潟、長崎の国内3区域で洋上風力発電事業者選定

秋田、新潟、長崎の国内3区域で洋上風力発電事業者選定 国内ニュース
スポンサーリンク

秋田、新潟、長崎の国内3区域で洋上風力発電事業者選定

経済産業省及び国土交通省は、海洋再生可能エネルギー発電設備の整備に係る海域の利用の促進に関する法律「再エネ海域利用法」に基づき、「秋田県八峰町及び能代市沖」、「秋田県男鹿市、潟上市及び秋田市沖」、「新潟県村上市及び胎内市沖」、「長崎県西海市江島沖」の計4区域について、洋上風力発電事業を実施する事業者を選定する公募を実施。「秋田県八峰町及び能代市沖」を除く3区域について選定事業者を発表しました。

リンク先 経産省 | 「秋田県男鹿市、潟上市及び秋田市沖」、 「新潟県村上市及び胎内市沖」、「長崎県西海市江島沖」における洋上風力発電事業者の選定について

秋田県男鹿市、潟上市及び秋田市沖
  • 事業者名:男鹿・潟上・秋田Offshore Green Energyコンソーシアム
  • 構成員:株式会社JERA、電源開発株式会社、伊藤忠商事株式会社、東北電力株式会社
  • 発電設備:着床式洋上風力発電
  • 発電設備出力:315MW(15MW×21基、Vestas製)
  • 運転開始予定時期:2028年6月
新潟県村上市及び胎内市沖
  • 事業者名:村上胎内洋上風力コンソーシアム
  • 構成員:三井物産株式会社、RWE Offshore Wind Japan 村上胎内株式会社、大阪瓦斯株式会社
  • 発電設備:着床式洋上風力発電
  • 発電設備出力:684MW(18MW×38基、GE製)
  • 運転開始予定時期:2029年6月
長崎県西海市江島沖
  • 事業者名:みらいえのしまコンソーシアム
  • 構成員:住友商事株式会社、東京電力リニューアブルパワー株式会社
  • 発電設備:着床式洋上風力発電
  • 発電設備出力:420MW(15MW×28基、Vestas製)
  • 運転開始予定時期:2029年8月
スポンサーリンク

15MW、18MWという巨大洋上風力タービンを設置

設置場所タービンメーカー単機出力設置基数総発電出力運転開始時期
秋田県男鹿市、潟上市及び秋田市沖Vestas15MW21基315MW2028年6月
新潟県村上市及び胎内市沖GE18MW38基684MW2029年6月
長崎県西海市江島沖Vestas15MW28基420MW2029年8月

事業者が公表された3区域で設置が計画されている洋上風力タービンは15MWと18MW。現状、国内で設置がおこなわれている洋上風力タービンのうち最大のものは「北九州響灘洋上ウインドファーム」のVestas製 9.5MW風力タービン「V174-9.5 MW」。比較すると、倍までいきませんが単機出力は60~90%増加しています。

Vestasの15MW洋上風力タービン「V236-15.0 MW」は先日、2023年12月にDNVから型式認証取得が発表されています。GEの18MWのほうは、すでに型式認証を取得している「Haliade-X 14.7MW-220」と同じプラットフォームを使用した上で、18MWバージョンを開発中。なので、開発が間に合わないというパターンも少なからず可能性としてありそう。運転開始まで残り5年半、製造・設置の工程を考慮すると時間に余裕があるという訳ではない。

General Electricのプレスリリース【2023年3月16日掲載】

GE、大型洋上発電タービン ハリアデ-Xの次世代機、17-18MWモデルを日本市場へ導入

  • GEリニューアブルエナジーは、大型洋上発電タービンであるハリアデ-Xモデルの次世代機である17-18MWモデルを日本市場向けに導入すると発表
  • 日本の洋上風力の公募第二ラウンドに参加する顧客を事業性向上で支援
  • 日本の風況などの環境に対応した、Class Tを取得する
  • 既に導入が決まっている12-14MWモデルと同様に東芝と協力し、ナセルの国産化に加えて従来からの国内サプライチェーンの構築を強化
https://www.ge.com/news/press-releases/ge-17-18-megawatt-haliade-jp
スポンサーリンク

タービン設置作業をおこなうSEP船は5隻

SEP起重機船「BLUE WIND」
出典:Japan Marine United Corporation
SEP船「CP-16001」インドネシアから長崎へ到着
SEP起重機船「CP-16001」
出典:PENTA-OCEAN CONSTRUCTION
SEP起重機船「柏鶴」
出典:OBAYASHI CORPORATION
SEP起重機船「CP-8001」
出典:PENTA-OCEAN CONSTRUCTION

現在、国内には800トン~2,500トン吊りのSEP起重機船4隻がいます。さらに5隻目として、五洋建設とDEMEは2021年10月に合弁会社「ジャパンオフショアマリン(JOM)」を設立し、900トン吊りから1,600トン吊りへクレーンのアップグレードが予定されているSEP起重機船「Sea Challenger」をJOMで改造、所有し、日本船籍化することを発表しています。

SEP船「Sea Challenger」
船名Sea Challenger
クレーン能力900トン
ブーム長さ95m
長さ132.41m
39.00m
深さ9.00m
ペイロード6,000トン
デッキ面積3,350m2
レグ長さ82.5m、4本
Sea Challengerの概要

SEP起重機船に関しては、これまでに建造が進められていたので15MW~18MWという巨大な風力タービン設置にも対応は出来そうです。問題となるのは、その風力タービンを支える基礎。ジャケット式であれば施工は出来そうな気がしますが、モノパイルとなると少し不安。というのも15MWクラスの風力タービン基礎モノパイルは、重量2,000トンにもなるので施工が出来る作業船は限定される。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。