大分ホーバークラフト「Baien」操縦訓練初日に事故発生

大分ホーバークラフト「Baien」操縦訓練初日に事故発生 国内ニュース
スポンサーリンク

大分ホーバークラフト「Baien」操縦訓練初日に事故発生

2023年度中の運航開始を目指して操縦訓練を開始した大分ホーバークラフト1番船の「Baien」で事故が発生するという衝撃の事態が起きました。11月はじめに大分空港と大分市のホーバークラフト発着場でそれぞれ安全祈願祭が開かれ、事故が起きた11月8日から操縦士の訓練が始められる予定になっていました。

スポンサーリンク

事故の経緯

運航をおこなう第一交通産業株式会社および大分第一ホーバードライブ株式会社が公表した事故報告書によると、事故が発生したのは2023年11月8日午前7時5分。

ホーバークラフト「Baien」は早朝6時過ぎに大分市発着場を出港し、大分空港へ向けて航行。46分後、大分空港に到着し、斜路へ上陸した時に右舷船尾スカートがガードレールに接触。斜路に設置されているガードレールの横板は上下に取り付けられており、上部ガードレールが破損時に空中へ跳ね上がり、右舷プロペラダクトを擦って右舷後方の舵板を破損させたと推測されているという。下部ガードレールはスカートに刺さり込んで切り裂き、浮揚空気を喪失させて浮揚ファン支柱などの船体構造を損傷させたそうです。

報道されている情報では事故当時、2人の操縦士が乗船して訓練に臨んでいたということですが、2人にケガはなく、破損した船体からの油や燃料などの流出も無いという。そして、気になる事故の原因は操縦ミスと見られているそうです。

事故報告書による事故の経緯
  • 6時19分
    大分市発着場 出航
  • 7時05分
    大分空港斜路に進入上陸
  • 7時05分
    事故発生

    上陸後、斜路のガードレール先端と右舷船尾スカートが接触。上部ガードレ
    ールは空中に跳ね曲がり、右舷プロペラダクトを擦って右舷舵板を飛ばし
    たと考えられる。下部ガードレールはスカートに刺さり込んで切り裂き、浮揚空気を喪失させて浮揚ファン支柱などの船体構造を損傷。同時に緊急着地をして、船外に出て状況確認。主機停止。

スポンサーリンク

事故の背景と今後の予定

ホーバークラフト建造中の部品破損によって1番船「Baien」の納期が50日遅延している上に起きた今回の事故。報道されている情報だと、船体の修理には早くても2~3か月かかる見込みだという。取材に対し、県の担当者は「運航会社と今後の対応を協議していきたい」と述べている一方で、運航会社側は「引き続き、今年度中の運航開始を目指す」と述べているようです。

この発言の温度差。事故の当事者である運航会社側が責任感から何としても予定通り今年度中の運航開始を死守しようとしているようにも受け取れます。陸上でも海上でも乗り物で ”絶対安全” ということは絶対に無い。時に事故は起こるし、事故に繋がらなくても何らかのトラブルは必ず起きてしまう。

特殊なホーバークラフトの操縦士を育成する過程で起きた今回の事故。大分第一ホーバードライブ株式会社のウェブサイトでは、操縦士がイギリスで40日間の研修をおこなった時の様子を紹介しています。もしこの研修を終えた方が指導員として操縦訓練をおこなっているとすると、適正な研修期間だったのか精査する必要がありそう。感覚的には短いような気がします。実情は不明なので断定はできませんが、操縦士育成プログラムそのものについても客観的な視点からチェックする必要があるのかもしれません。

大きなプロジェクトなので関連する事業が多く、運航開始が遅れることで波及する影響は計り知れませんが、営業運航を開始すれば一般の方がたくさん乗船するという事を念頭において、安全航行を第一に今後の準備を進めてもらいたいと思いました。

大分ホーバークラフトの運航開始を期待している1人のファンとして、予定通りの運航開始は嬉しいことですが、もしも遅れるようなことになっても期待する気持ちは変わらない。

リンク先 大分第一ホーバードライブ株式会社 | 操縦士 イギリス研修の様子

 大分ホーバークラフトに関する記事

大分空港で海上アクセスとしてホーバークラフトが復活
大分空港と大分市内を結ぶ交通手段としてホーバークラフトが採用され、2023年度中の運航開始に向けて整備が進んでいるようです。大分県では過去にもホーバークラフトが就航していましたが利用者減少などの理由で運航が終了しています。
大分空港海上アクセスとして導入するホーバークラフトの船名決定
大分空港と大分市内を結ぶ交通手段としてホーバークラフトが採用され、2023年度中の運航開始に向けて整備が進められているホーバークラフト3隻の船名を決定したと大分県が発表。肝心のホーバークラフトはまだイギリスで建造中。
ホーバーターミナルの通称「ホボッタ」 1隻目は7月下旬に大分到着
2023年5月9日、大分空港と大分市内を結ぶ交通手段として2023年度中の運航開始を予定しているホーバークラフトについて、大分県はターミナルの名称とロゴを発表しました。ターミナルの名称は「ホーバーターミナルおおいた」、通称は「ホボッタ」。
大分空港のホーバークラフトがまさか⁉の部品破損で納期遅延
大分空港と大分市内を結ぶ交通手段として2023年度中の運航開始を予定しているホーバークラフトの肝心要となる本体がトラブルにより納期が大幅に遅れるという。
大分で運航予定のホーバークラフト1隻目がついに進水!海上公試へ
大分空港海上アクセスとして導入する国内唯一のホーバークラフト運航にあたり、イギリスのGriffon Hoverworkで建造されている3隻のホーバークラフトのうち、1隻目の「Baien」がこのたび進水しました。
大分のホーバークラフト1号機「Baien」がイギリスを出港
大分空港と大分市内を結ぶ交通手段として2023年度中の運航開始を予定している3隻のホーバークラフトのうち、1隻目にあたる「Baien」が運搬船に積まれてイギリスを出港。大分に到着するのは8月下旬になる予定。
待ってたよ!大分ホーバークラフト1号艇「Baien」が到着
2023年8月24日、大分空港と大分市内を結ぶ交通手段として2023年度中の運航開始を予定している3隻のホーバークラフトのうち、1隻目にあたる「Baien」が重量物運搬船「BBC SEBASTOPOL」に搭載されて大分に到着。
ホーバークラフト1番船「Baien」別府湾でテスト運航
大分空港と大分市内を結ぶ交通手段として2023年度中の運航開始を予定している1隻目にあたる「Baien」が国の検査に向けてテスト運航をおこなっています。テスト運航は9月5日までの予定で、6日には国の検査がおこなわれるという。
大分ホーバークラフト1番船「Baien」納入式
2023年9月9日、大分空港と大分市内を結ぶ交通手段として2023年度中の運航開始を予定しているホーバークラフト1番船「Baien」の納入式が大分市の田ノ浦ビーチでおこなわれました。式典会場の砂浜に砂煙を上げながら颯爽と現れた「Baien」
大分ホーバークラフト、2番船「Banri」イギリスから日本へ出発
大分空港と大分市内を結ぶ海上交通アクセスとして2023年度中の運航開始を予定している3隻のホーバークラフトのうち2番船「Banri」が日本へ向けてイギリスを出港していたようです。
大分ホーバークラフト2番船「Banri」、日本到着まであと少し
大分ホーバークラフト2番船「Banri」、シンガポール通過 運搬船「GRIETJE」の航行経路 大分空港と大分市内を結ぶ海上交通アクセスとして2023年度中の運航開始を予定している3隻のホーバークラフトのうち、日本へ向けて航行中の2番船「B…
大分ホーバークラフト2番船「Banri」を積んだ運搬船が大分へ
2023年11月8日、大分空港と大分市内を結ぶ海上交通アクセスとして2023年度中の運航開始を予定している3隻のホーバークラフトのうち2番船「Banri」を積んだ運搬船「GRIETJE」が日本に到着。
大分ホーバークラフト「Baien」操縦訓練初日に事故発生
2023年度中の運航開始を目指して操縦訓練を開始した大分ホーバークラフト1番船の「Baien」で事故が発生。11月はじめに大分空港と大分市側でそれぞれ安全祈願祭が開かれ、事故が起きた11月8日から操縦士の訓練が始められる予定になっていました
大分ホーバークラフト2番船「Banri」検査合格、引き渡しへ
2023年11月16日、大分空港と大分市内を結ぶ海上交通アクセスとして2023年度中の運航開始を予定している3隻のホーバークラフトのうち2番船「Banri」について国の最終検査がおこなわれ合格。17日までに大分県へ引き渡しされるという。
大分ホーバークラフトの運航開始は便数減になる見通し
2023年11月21日、大分空港と大分市内を結ぶ海上交通アクセスとして2023年度中の運航開始を予定している大分ホーバークラフトで、運航会社は運航開始の日程を2024年3月としたまま便数を減らした形になる見通しを明らかにしました。
大分ホーバークラフト運航開始を来年秋に延期
2023年12月26日、大分空港と大分市内を結ぶ海上交通アクセスとして2023年度中の運航開始を目指していた大分ホーバークラフトですが、運航会社の「大分第一ホーバードライブ」は運航開始時期を来年秋に先送りすることを明らかにしました。
大分ホーバークラフト1番船修理に向け作業開始、修理には約5ヵ月
操縦士の訓練開始当日にあたる昨年11月8日に大分空港側の斜路でガードレールに接触する事故を起こした大分ホーバークラフト1番船「Baien」の修理に向けた確認作業がおこなわれたようです。
大分ホーバークラフト3番船「Tanso」間もなく日本到着!
大分ホーバークラフト3番船「Tanso」間もなく日本到着! 重量物運搬船「WIEBKE」のAIS情報(2月13日22時 時点) 2024年2月13日、大分ホーバークラフト3番船「Tanso」を積んでいるとみられる重量物運搬船「WIEBKE」…
大分ホーバークラフト3番船「Tanso」無事に大分到着
2024年2月15日、大分空港と大分市内を結ぶ海上交通アクセスとして2024年秋の運航開始を目指している大分ホーバークラフトのうち、3番船「Tanso」が無事に大分へ到着しました。
事故で破損した大分ホーバークラフト1番船「Baien」本格修理へ
2024年3月14日、事故から4カ月以上が経過した大分ホーバークラフト1番船「Baien」が本格的な修理に向けて大分市内のターミナルに移動しました。今後は、5ヵ月後の今年8月頃までに修理を終え、全3隻で秋頃の運航開始を目指すという。
大分ホーバークラフト2番船「Banri」フェンスに接触
大分空港と大分市内を結ぶ海上交通アクセスとして2024年秋の運航開始を目指し、先月下旬に操縦訓練を再開した大分ホーバークラフトで再び事故が発生。大分ホーバークラフト2番船「Banri」が大分空港側の発着場に設置されているフェンスと接触。
大分ホーバークラフト2番船「Banri」で接触事故、操縦訓練継続
2024年4月25日、大分空港と大分市内を結ぶ海上交通アクセスとして2024年秋の運航開始を目指す大分ホーバークラフトでまたしても事故が発生。
大分ホーバークラフト事故、訓練中の接触で事故ではないという認識
2024年4月25日に大分空港の進入路で起きた大分ホーバークラフト2番船「Banri」の事故について、気になるニュース記事が掲載されていました。
大分ホーバークラフトでS字カーブの訓練に向けて土嚢600トン設置
損傷程度は異なるものの、操縦訓練中に3度の事故を起こしている大分ホーバークラフトでS字カーブの訓練に向けて土嚢600トンを設置するという。土嚢を設置する位置は大分空港側の海側から斜路をあがって左手と航走路のS字カーブに2カ所の合わせて3カ所
スポンサーリンク
興味深い海の世界

あらゆるものが巨大な海の世界。
なかでもインパクトの強い画像を中心に海の世界を紹介。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む