☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

1,600トン吊りSEP船「海建020」レグ設置

1,600トン吊りSEP船「海建020」レグ設置 起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

1,600トン吊りSEP船「海建020」レグ設置

2024年1月にメインクレーンとレグの設置作業完了が報じられていた1,600トン吊りSEP起重機船「海建020」(Hai Jian 020)について、建造する上海振華重工(ZPMC)がYouTubeに搭載作業の様子をアップロードしていました。

SEP起重機船「海建020」に長さ120mのレグを設置したのは、ジブ固定式5,000トン吊り起重機船「新振浮7」。SEP船の舷側に縦着けした運搬船からフライングジブとメインフック1つを使用してレグを吊り上げて建て起こし。メインフック側の吊りワイヤーには、建て起こし後に玉掛けを解除するためシャックルで連結しているのが確認できます。

延長しているレグの長さは、全長の半分以上ありそうに見えるので60m以上はあるのかも。強度はもちろんですが、鉛直性の精度を確保することは難易度が少し高そう。吊っている起重機船側の操船やジブの起伏に頼って微調整することは難しそうなので、取り合い部分に何か調整する治具か装置を使用しているのかもしれません。中国ではかなりの隻数を建造しているので、そういったノウハウも蓄積されてきてるんでしょうね。

スポンサーリンク

SEP起重機船「海建020」の概要

SEP起重機船「海建020」の船体は長さ123.95m、幅48m、深さ9.5m、喫水6.5m。1,600トン吊りのメインクレーンと300トン吊りの補助クレーンを搭載。メインクレーンのブーム長さは150m、主巻揚程は最大で160m(1,600トン)、補巻き揚程は最大で180m(350トン)。4,500m2の甲板スペースには10MW風力タービン部材を2セット、16MW風力タービンなら1セットの部材を積み込んで運ぶことができる。

船名海建020(Hai Jian 020)
クレーン能力メイン:1,600トン(主)
メイン:350トン(補巻)
補助:300トン
長さ123.95m
48m
深さ9.5m
レグ長さ120m
(最大作業水深 70m)
甲板スペース4,500m2
宿泊設備118人
DPSDP-2
最大速力8ノット
1,600トン吊りSEP起重機船「海建020」
出典:龙船风电网
スポンサーリンク

【YouTube動画】SEP船「海建020」レグ設置作業

スポンサーリンク

SEP船「海建020」に関する記事

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました