2,000トン吊りSEP起重機船「白鹤滩」完成

2,000トン吊りSEP起重機船「白鹤滩」完成起重機船、クレーン船

 2022年9月28日、中国で建造中の2,000トン吊りSEP起重機船「白鹤滩」の引き渡しが行われ正式に納入されたようです。先日のアナウンス通り、国慶節前に引き渡し完了。最大15MWの洋上風車設置に対応。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2,000トン吊りSEP起重機船「白鹤滩」完成

 2021年7月に建造を開始、中国の広東省 広州市 黄埔区にある中船黄埔文沖船舶有限公司(CSSC Huangpu Wenchong Shipbuilding)で建造が進められていた2,000トン吊りSEP起重機船「白鹤滩」(Bai He Tan)が完成し、2022年9月28日、引き渡しが行われた。

15MWの洋上風車設置が可能

 長さ126m、幅50mのSEP起重機船「白鹤滩」(Bai He Tan)には、DP2の自動船位保持装置が搭載されており、最大70mの水深で作業可能。

 搭載されているクレーン能力は最大2,000トン、水面上からの揚程は最大170m。甲板面積は4,200平方メートル、最大可変負荷は6,500トン。

 最大で15MWの洋上風車設置が可能。

船名 白鹤滩
(Bai He Tan)
吊上能力 2,000トン吊
長さ 126m
50m
深さ 10m
レグ長さ 120m
(最大作業水深70m)
建造場所 中船黄埔文沖船舶有限公司:中国
建造年 2022年9月
所有会社 長江三峡装置材料有限公司
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。

タイトルとURLをコピーしました