HEBOがBoskalisから起重機船「Taklift 4」を買収

HEBOがBoskalisから起重機船「Taklift 4」を買収起重機船-世界

 オランダのHEBOがBoskalisから起重機船「Taklift 4」を買収。「Taklift 4」は自航式でジブ固定式の2,200トン吊り起重機船。

スポンサーリンク

HEBOがBoskalisから起重機船「Taklift 4」を買収

 2022年12月30日、オランダの海事会社HEBOは、Boskalisから起重機船「Taklift 4」を買収し、船名を「HEBO LIFT 10」に変更することを発表。「Taklift 4」は自航式でジブ固定式の2,200トン吊り起重機船。

HEBOがBoskalisから起重機船「Taklift 4」を買収
「チャナッカレ1915橋」の建設工事に従事する「Taklift 4」
出典:HEBO Maritiemservice.

 HEBOは他にも多くの起重機船を所有していますが、クレーン能力はそこまで大きくなく、最大の「HEBO Lift 9」で800トン吊り。

 2,200トン吊り起重機船「Taklift 4」は、2022年3月に完成したトルコの「チャナッカレ1915橋」建設にも携わっている。「チャナッカレ1915橋」は、明石海峡大橋の中央支間1,991mという世界記録を破り、主塔間距離2,023mで世界最長。

― トルコのダーダネルス海峡に架かる「チャナッカレ1915橋」に関する記事 ―

スポンサーリンク

起重機船「HEBO LIFT 10」の概要

 「Taklift 4」から「HEBO LIFT 10」に船名変更された起重機船が建造されたのは1981年。船体寸法は長さ83.29m、幅36.90m、深さ7.0m。クレーン能力が2,200トンで同じ日本の起重機船「駿河」と比べるとほぼ同じ大きさ。

船名HEBO LIFT 10駿河
クレーン能力2,200トン2,200トン
総トン数5,695トン
長さ83.29m90.0m
36.90m41.0m
深さ7.0m7.0m
建造年1981年
「HEBO LIFT 10」の概要

 日本の起重機船と大きく違うのは、自航式という点とジブが短く格納式という点。

 「HEBO LIFT 10」は船尾に出力1,000kW(1,360PS)のプロペラ2基、船首に440kW(600PS)のバウスラスター2基を搭載する自航式。

 メインジブの長さは54.4m、先端に30mのフライングジブを付けている。最大クレーン能力の2,200トン吊り上げられるのはアウトリーチ16m程度までで、その時の揚程は約41m。

 日本の起重機船「駿河」のジブ長さは約120mで、アウトリーチ36mまで2,200トン吊り上げが可能、その時の揚程は約94m。「HEBO LIFT 10」には着脱が可能な30mのフライングジブがあり、700トン吊りのフック2基で最大1,400トンの吊り上げが可能。

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。

タイトルとURLをコピーしました