☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

Amazonが洋上風力から電力調達、コーポレートPPA締結

Amazonが洋上風力から電力調達、コーポレートPPA締結 洋上風力発電
スポンサーリンク

Amazonが洋上風力から電力調達、コーポレートPPA締結

Ocean Windsの掲載記事【2024年1月30日掲載】

Amazon signs agreement with ENGIE to procure 473MW of renewable energy from the Moray West offshore wind farm in Scotland

(AmazonはスコットランドのMoray West洋上風力発電所から473MWの再生可能エネルギーを調達するためENGIEと契約を締結)

https://www.oceanwinds.com/news/uncategorized/amazon-signs-agreement-with-engie-to-procure-473mw-of-renewable-energy-from-the-moray-west-offshore-wind-farm-in-scotland/

2024年1月30日、Amazonはスコットランド沖で建設が進められている「Moray West offshore wind farm」の再生可能エネルギーを調達するため、総発電容量882MWのうち半分以上にあたる473MWについて事業をおこなうENGIEと企業向け電力購入契約(CPPA)を締結。

「Moray West offshore wind farm」のフル稼働は2025年初頭の予定ですが2024年に順次、段階的な発電が開始されるという。当初の目標より5年早い2025年までにすべての事業を100%再生可能エネルギーで賄うというAmazonが掲げる目標をサポートする。Amazonは昨年、ヨーロッパ全土で39件の新たな再生可能エネルギープロジェクトを発表し、同地域の送電網に1GWを超えるクリーンエネルギー容量を追加。Amazonは、太陽光および風力プロジェクトへの投資によって2021年以降、欧州および英国最大の再生可能エネルギー企業購入者となっているそうです。さらに、2014 年から 2022 年にかけて、Amazonにより英国の再生可能エネルギープロジェクトへ推定2億8,500万ポンド(日本円で約533億円)の投資を生み出し、英国のGDPに9,000万ポンド以上(約168億円)貢献しているという。

Amazon Web ServicesのEMEA(ヨーロッパ・中東・アフリカ)エネルギー担当ディレクターのLindsay McQuade氏は、”カーボンフリーエネルギー源への移行は、炭素排出量を削減する最も効果的な方法の 1 つであり、ネットゼロを達成するというAmazonが掲げる気候公約の一環です」と述べ、2022年にはAmazonが消費する電力の90%が再生可能エネルギーによるものになり、2025年までに100%再生可能エネルギーで世界事業の電力を供給するという野心的な目標の達成に向けて順調に進んでいるという。

企業向け電力購入契約(CPPA)とは?

企業向け電力購入契約(CPPA,Corporate Power Purchase Agreement)とは、企業など電力需要家が直接、発電事業者と再生可能エネルギーの電力を長期に(通常10~25年)購入する契約。企業が再生可能エネルギー由来の電力を調達する手段。

スポンサーリンク

「Moray West offshore wind farm」の概要

「Moray West offshore wind farm」は、EDP Renewables と Engie の合弁会社 Ocean Winds および Ignitis Group によって開発されており、Siemens Gamesa「SG 14-222 DD」60基、洋上変電所2基の設置を計画している。変電所2基を含むすべての基礎は、モノパイルを採用。総発電容量は882MW、風力タービンの単機出力はパワーブーストにより14.7MWへ引き上げられる予定。

「Moray West offshore wind farm」の概要
  • 設置位置:スコットランド沖合の北海、水深22m~57m
  • 発電容量:882MW
  • 風力タービン:Siemens Gamesa SG 14-222 DD(パワーブーストにより14.7MW)、60基
  • 風車基礎:着床式、モノパイル
  • 完成予定:2025年初頭

「Moray West offshore wind farm」に関する記事

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。