☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

投資額300億円、東洋建設が自航式ケーブル敷設船建造を発表

投資額300億円、東洋建設が自航式ケーブル敷設船建造を発表 洋上風力発電
スポンサーリンク

投資額300億円、東洋建設が自航式ケーブル敷設船建造を発表

2023年12月8日、東洋建設は自航式ケーブル敷設船の建造について、開催された取締役会において決議したことを発表しました。完成・引き渡し時期は2026年上期の予定。

以前の建造発表からは少しスケジュールが遅れているようですが、市場拡大が期待される洋上風力発電をはじめとした沖合建設工事に向けた国内最大級の自航式ケーブル敷設船建造を決定。

建造するケーブル敷設船は、国内の自然条件および施工条件に適合するために最適な船体設計をおこなうことで、水深の浅い海域から浮体式洋上風力発電や直流送電事業を対象とする大水深海域までの広い海域において、高い稼働率での施工を可能としている。そして、以前の発表通りケーブル敷設船としての施工能力に加えて、高性能クレーンと広いデッキ面積により着床式基礎工事、浮体式洋上風力係留工事および海洋資源関連事業等の多目的な分野に適用するという。

公表された船体仕様では、より詳細な仕様が明らかになっており細部まで船体設計が進んでいることが伺えます。以前の発表と大きく異なる点として船体長さが以前の120mという発表から150mになっていました。投資額300億円という金額からも洋上風力にかける思いが感じられます。東洋建設カラーの船体デザインもカッコいい。

総トン数19,000トン
長さ150m
28m
深さ12m
喫水7m(最大)
ケーブル容量9,000トン
甲板面積2,500m2
宿泊設備90人
DPSClass 2
クレーン250トン、150トン
(動揺低減機能付き)
その他の設備ヘリデッキ
4点係留装置
2×ROV システム
バッテリー蓄電
ケーブル敷設船の仕様
投資額300億円、東洋建設が自航式ケーブル敷設船建造を発表
自航式ケーブル敷設船の完成イメージ
出典:TOYO CONSTRUCTION
スポンサーリンク

ケーブル敷設船に関する記事

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。