☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

アデン湾でフーシ派が米国所有の貨物船にミサイル攻撃

アデン湾でフーシ派が米国所有の貨物船にミサイル攻撃 事件・事故
スポンサーリンク

アデン湾でフーシ派が米国所有の貨物船にミサイル攻撃

On Jan. 15 at approximately 4 p.m. (Sanaa time), Iranian-backed Houthi militants fired an anti-ship ballistic missile from Houthi-controlled areas of Yemen and struck the M/V Gibraltar Eagle, a Marshall Islands-flagged, U.S.-owned and operated container ship. The ship has reported no injuries or significant damage and is continuing its journey.

Earlier in the day, at approximately 2 p.m. (Sanaa time), U.S. Forces detected an anti-ship ballistic missile fired toward the Southern Red Sea commercial shipping lanes. The missile failed in flight and impacted on land in Yemen. There were no injuries or damage reported.

(1月15日午後4時頃(サナア時間)。 イランの支援を受けたフーシ派武装勢力がイエメンのフーシ派支配地域から対艦弾道ミサイルを発射し、マーシャル諸島船籍の米国所有・運航コンテナ船「M/V ジブラルタル・イーグル」を攻撃した。 船には負傷者や重大な損傷は報告されておらず、航行を続けている。)

(その日の早い時間、午後2時ごろ。 (サナア時間)、米軍は南紅海の商業航路に向けて発射された対艦弾道ミサイルを探知した。 ミサイルは飛行に失敗し、イエメンの陸地に着弾した。 負傷者や被害は報告されていない。)

X | U.S. Central Command(@CENTCOM)

2024年1月15日、アメリカ中央軍(U.S. Central Command)はイランの支援を受けたイエメンの武装組織フーシ派が弾道ミサイル1発を発射し、イエメン沖のアデン湾を航行していた貨物船を直撃したと発表。ミサイル攻撃を受けたのは、マーシャル諸島船籍で米国所有の貨物船「ジブラルタル・イーグル」(GIBRALTAR EAGLE)。乗組員の負傷者や船体への重大な損傷は報告されておらず、航行を続けているという。

貨物船「ジブラルタル・イーグル」のAIS情報によると、2023年12月25日に韓国の浦項市(ポハン市)を出港し、1月20日にスエズ運河へ到着する予定で航行をおこなっていた。アメリカ中央軍の発表ではミサイル攻撃を受けた後も航行を続けているという情報ですが、スエズ運河へ向かってアデン湾を西に航行していた貨物船「ジブラルタル・イーグル」は、一転して東へ向かって航行し始めた後にAIS信号が途切れているのが確認できる。

現時点で貨物船「ジブラルタル・イーグル」がどこへ向かっているのかは不明。

貨物船「ジブラルタル・イーグル」のAIS情報
船名GIBRALTAR EAGLE
総トン数36,332トン
載貨重量トン64,000トン
長さ199m
32m
船籍マーシャル諸島
建造年2015年
貨物船「GIBRALTAR EAGLE」
出典:FleetMon | pm_inpyn
スポンサーリンク

報復の連鎖、紅海周辺の緊張状態いつまで・・

イエメンの武装組織フーシ派による商船を標的とした攻撃。

昨年11月に起きた自動車運搬「GALAXY LEADER」(ギャラクシー・リーダー)拿捕に始まり、これまで攻撃対象として標的にされていたのはイスラエルとつながりをもつ船舶やイスラエルの港に向かっている船舶でした。

しかし、今回の貨物船「ジブラルタル・イーグル」に対するミサイル攻撃はこれまでの攻撃対象とは異なる。「ジブラルタル・イーグル」はイスラエルとの関連はないと評価されており、明らかに1月12日の紅海に展開するアメリカとイギリス海軍が実施したイエメン各地でのフーシ派を標的とした空爆に対する報復とみられる。

スポンサーリンク

紅海付近で起きた商船を標的にした事件

紅海付近で起きた商船を標的にした事件
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む