ドイツでライン川の閘門に内陸貨物船が衝突

ドイツでライン川の閘門に内陸貨物船が衝突 事件・事故
スポンサーリンク

ドイツでライン川の閘門に内陸貨物船が衝突

事故が起きたドイツのイフェッツハイムにある閘門(内陸貨物船が衝突したのは左奥側の閘門)
出典:Wikipedia | Von Bundesanstalt für Wasserbau – Schleuse Iffezheim/Rhein, CC BY 2.0, Link

2023年11月11日午後2時頃(現地時間)、全長110mの内陸貨物船「LA PRIMAVERA」がドイツのライン川にある閘門に衝突する事故が発生。事故当時、貨物船は南部のバーゼルからカールスルーエ方面へライン川を北に向かって航行していたという。(👆上の画像で言うと左上から右下へ向かっていた)

閉まっている閘門に衝突した貨物船は、中央部分を破壊して船首側の船底が破損した閘門に座礁した状態で停止。幸いなことに貨物船側の損傷は少なく、事故後も航行が可能な状態だったようです。AIS情報では事故からおよそ1時間後には現場から離脱して航行を再開していました。

しかし、報道されている情報によると破損した閘門の方は、翌日に潜水調査がおこなわれ被害状況を確認した結果、復旧には数百万ドル、日本円に換算すると数億円の費用が必要であることが明らかになったという。

事故原因については調査中とのことですが、人的被害は出なかったものの恐ろしい額の経済損失が発生。さらに、2つある閘室のうち1つが使用できなくなったため、今後通航する船舶へ大きな影響が出てくる可能性が高い。

イフェッツハイム水門
イフェッツハイム水門
出典:Wasserstraßen- und Schifffahrtsverwaltung des Bundes

ドイツのライン川にあるイフェッツハイム水門には2つの閘室があり、両端に閘門が設置されている。2 つの閘室はそれぞれ長さ270m、幅24m。

干潮時の高低差は約12.5mあり、ヨーロッパ最大の内陸閘門の1つ。

閘門は1977年に運用が開始され、毎年約30,000隻、およそ2,500万トンの貨物が通航。3交代制により24時間稼働しているという。

船名LA PRIMAVERA
長さ110m
12m
建造年2001年
船籍オランダ
内陸貨物船「LA PRIMAVERA」
出典:FleetMon | pm_inpyn
スポンサーリンク

内陸貨物船「LA PRIMAVERA」衝突後の映像

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました